2017-8-孫と水遊び

a0216227_13032800.jpg
10日の朝からプールへ行くつもりでしたが雷雨のきざしで1日ずらし
ましたが昼過ぎに青空が見え隠れして孫は残念そうでした。
yosi君とモル君が昼寝していました
a0216227_13193877.jpg
8月11日(金曜日)晴 橋本市民プールにて
小6の孫yosi君と家内同伴で午前中からプールで過ごします。
昨年までは上の孫も一緒でしたが来年は高校生で受験の準備やクラブ
活動で来ることが出来ません。成長が早く感じられますが同様に自分
達も年をとっている訳ですね。

写真が目的で無いので多く撮っていませんが適当にアップします。
浮輪をプールサイドに投げようとしています(前はyosi君)
a0216227_13292459.jpg
浮輪を投げた瞬間を撮って貰おうとしますがタイミングが合いませんでした
a0216227_13325045.jpg
yosi君とばぁちゃんです
a0216227_13353860.jpg
a0216227_13364685.jpg
クロールで泳ぐyosi君(写真ではうまく撮れません動画でも撮りました)
a0216227_13374395.jpg
a0216227_13383171.jpg
a0216227_13390129.jpg
この日は夕方終わり近くまで遊びました。

翌日には三男家族が朝からやって来ました。
8月12日(土曜日)晴  橋本市民プール
ワンちゃんモル君とミリちゃんは家でお留守番です。
カメラは持って行かず息子達の写真をアップしました。
-yosi君とriku親子
a0216227_13475813.jpg
滝に打たれて
a0216227_13492489.jpg
この写真の後riku君水中に沈む(溺れました)
a0216227_13503716.jpg
滝の側へ
a0216227_13540893.jpg
叔父さんと-yosi君-rikuとtakaじぃ
a0216227_13552607.jpg
a0216227_13570335.jpg
a0216227_13573091.jpg
ワニさんに乗っかるRiku君
a0216227_13580985.jpg
Rikuの一人歩き
a0216227_13590469.jpg
流れるプールへ移動(ご機嫌です)
a0216227_14005144.jpg

a0216227_14014878.jpg
a0216227_14021823.jpg
50mプールへ移動
a0216227_14025602.jpg
a0216227_14035671.jpg
a0216227_14042668.jpg
yosi&riku
a0216227_14051904.jpg
yosi君
a0216227_14063210.jpg
あ~ちゃんママとriku君の親子
a0216227_14073356.jpg
a0216227_14091981.jpg
yosi君riku君ばぁちゃん
a0216227_14101314.jpg
水中撮影・・・yosi君が潜っています
a0216227_14275666.jpg
親子で水遊び
a0216227_14300160.jpg
a0216227_14311530.jpg
レンズがクモリましたソニーの水中OKのカメラらしいです?
休憩中
a0216227_14333056.jpg
そして流れるプールにて
a0216227_14344906.jpg
子供プールにてriku君の一人歩き
a0216227_14352549.jpg
スワンにまたがり降ろしてほしい
a0216227_14371909.jpg
今日は少し早めに帰ります。
yosi君宅は明日から2泊3日の龍神村へキャンプに行くそうです。
夜にお父さんが迎えにきます。
9日に続き今日も全員揃い食事会を開きました。
(次男の嫁と長女のrisaちゃんはキャンプ準備中)
夜10時過ぎに解散しました。

2日間太陽の下にいて顔と手の甲が真っ赤に腫れあがりました。
(太陽アレルギーだと思います)
久し振りに皆が揃い良かったです。

この後はお盆のお墓参りとお迎えをして
14日にはお寺さんにお参りして頂きます。
20日は盂蘭盆で菩提寺へ施餓鬼供養に出かけました。


# by regi-777-htc | 2017-08-22 15:16 | Comments(2)

気候のご挨拶

a0216227_15125297.jpg
日頃 私ども日本全国くるま旅・ブログをご覧下さりありがとう御座います。
皆々様のご健康をお祈り申し上げます。

# by regi-777-htc | 2017-08-02 11:51 | Comments(0)

2017-4~6-(17) 春・信州∼東北地方のくるま旅【山形県酒田市鶴岡市他】

a0216227_20305086.jpg
5月23日(火曜日)晴  道の駅庄内にて(新しい道の駅です)
6:00-起床・・・モル君連れて近くの農道を歩きます。(日差しが強く暑い)
その後食事を済ませて出発準備をします。


今日は庄内地区を散策して翌日月山迄行きたいと考えています。
8:30-道の駅を出発します。道の駅の東側の農道を走ると小さな
川が見え川沿いに進むと風力発電の施設も見えて来ました。

a0216227_15293627.jpg
【赤鍋川の農業公園とありました。車を進めると小さな駐車場があり
 川には橋が架っていて手前の表示版には荒鍋の河童と書かれ
 川を覗くと飛び石があって親子のカッパが休んでいました。】面白い。
日本昔話のような雰囲気です。

a0216227_15311730.jpg
赤鍋川の様子 川の両サイドは散策出来て展望と休憩の出来る
東屋がありました。まわりは360℃田園で米所庄内平野です。

a0216227_15330374.jpg
庄内平野の田園と最上川堤の桜の木-C
a0216227_15493561.jpg
風力発電の風車と遠く霞んで見える鳥海山を望みます-C
a0216227_15524714.jpg
元の道に戻り集落のある方へ向かいます。
農家の庭先に白いツツジが咲いていました

a0216227_15394645.jpg
この後、昨日 眺海の森の帰り道、通り抜けた松山地区も散策しようと思います。
R-47号線を通り、最上川の堤で堤防をぶらり散策します。
長閑です。見渡す限り田園です。河川敷には木が覆い茂り
フジの花や桐の花が見られます。
フジの花を撮りますが上手く撮れませんでした。

a0216227_16001123.jpg
最上川にかかる赤い橋です-C
a0216227_16031042.jpg
最上川の上流方向です
a0216227_16014784.jpg
移動して酒田市新屋敷松山地区の散策をしました。
町の白壁の通り(歴史公園)車は写真正面の駐車場に置きました

a0216227_16215174.jpg
9:20-メイン通りの様子
a0216227_16332595.jpg
藤棚に白のフジの花が咲いていました-C
a0216227_16361479.jpg
寄って撮って見ました
a0216227_16393583.jpg
松山歴史文化伝承館の方へ向かいます。
a0216227_16411737.jpg
庄内松山文化伝承館へ-C
a0216227_16422184.jpg
松山城址大手門、文化伝承館前にて-C
a0216227_16441697.jpg
伝承館入り口
a0216227_16455537.jpg
a0216227_16471263.jpg
松山城址広場ツツジを入れて-C
a0216227_16480442.jpg
松山城址広場と白壁
a0216227_16492993.jpg
白壁
a0216227_16505157.jpg
広場
a0216227_16515324.jpg
a0216227_16522004.jpg
門前の白ツツジ
a0216227_16525695.jpg
松山城大手門正面-C
a0216227_16543776.jpg
門の内側の様子-C
a0216227_16562105.jpg
大手門
a0216227_16570672.jpg
a0216227_16572915.jpg
城内の庭-C
a0216227_16583022.jpg
-C
a0216227_16591107.jpg
庭園の鯉
a0216227_17002359.jpg
広場から大手門を見る-C
a0216227_17021653.jpg
伝承館にて開催中の内容です
a0216227_17033110.jpg
館内をのんびり観覧させて頂きほっとした気分にさせて頂きました。
松山城址館では館内に立派な能舞台が設えられていました。

a0216227_17065636.jpg
又、広場では薪能(たきぎのう)が6月11日、夏の夜に催されます。

松山城址館を後にして車で少し山手に向かうと洞瀧山総光寺がありました。
山門

a0216227_17161232.jpg

山に向かう参道(きのこ杉)-C
a0216227_17194143.jpg
献上米田-C
a0216227_17223805.jpg
境内横門にて-C
a0216227_17242026.jpg

11:00-坂田市街地に向かい山居倉庫を見に行きます。
途中で相沢川を渡りJRの砂越駅でナビを山居町にセット。
暑くて、自販機のコーラーを買いました。

11:46-山居倉庫駐車場に到着。陰になる場所に車を止める。
モル君お留守番して貰い倉庫の周辺を一回りします。

山居倉庫は明治26年に建造され、米の保管庫です。
現在も農業倉庫として使用されています。
土蔵造りの12棟からなる倉庫の屋根は断熱を考慮した二重
構造にしてあるそうです。
裏のケヤキ並木も日よけ・風よけの役目を果たしているそうです。

また、NHKの連続テレビ小説のおしんのロケ地でもあります。


11:50-山居倉庫 風格のある景色です-C

a0216227_22240222.jpg
ケヤキ並木と黒塀の建屋が実にマッチしていて心が落ち着きます
a0216227_22255985.jpg
山居倉庫のオープンテラス
a0216227_22304205.jpg
黒塀と新緑のケヤキ-C
a0216227_22325287.jpg
倉庫の背後に神社がありました
a0216227_22353926.jpg
12:00-反対側から見た景色です
a0216227_22371187.jpg
表の南西から見ています-C
a0216227_22411127.jpg
1号館 庄内米歴史資料館がありました
a0216227_22424743.jpg
東宮殿下行敬記念館(上部半分がビッシリ蔦が巻いていました)山居倉庫前にて
a0216227_22470326.jpg
山居倉庫の通路から裏の神社を参拝出来ます
a0216227_22503394.jpg
木造船が陸揚げされています(昔はこのような船で米を運んだのでしょう)
a0216227_22530263.jpg
11号館華の館 郷土物産店がありました。
(日本の三大つるし飾りの一つ山形県酒田の笠福です。
あとの二つ福岡柳川のさげもんでもう一つは伊豆稲取
の雛のつるし飾りです。)


a0216227_22552103.jpg
花笠人形と花笠です(売り物です)
a0216227_22585240.jpg
この後、飯森山公園の土門拳さんの記念館を観覧することにしました。
最上川を挟んで直ぐの所にあります。

13:00-この公園は広大な敷地にスポーツの各グランドや散策の出来る
公園で記念館は奥の池の側にありました。
先ずは広大な駐車場の静かな所で昼食にします。(仮眠含め)


15:00~17:00-酒田市写真展示館(ハマナスと土門拳記念館)
a0216227_23475758.jpg
同-C
a0216227_23491900.jpg
ハマナスがとても綺麗です-C
a0216227_23500897.jpg
池の様子を入れて
a0216227_23515636.jpg
建物の入り口に表示されていました
a0216227_23523076.jpg
エントランスへのアプローチ
a0216227_23535715.jpg
今回は特別展示で戦前、戦中、戦後の全国の市民の様子を描写された写真展で
その時の様子が見事に映し出されていました。体験した事のある写真も沢山見られ
懐かしい想いをしました。
【土門拳と18人の写真家が捉えた昭和のこども】
入館料800円
館内で幾つかのポイントを見つけて写真を撮りました。

a0216227_00054985.jpg
館内から見た一時の光景-C
a0216227_00074353.jpg
館内の部屋で外向きに椅子が置かれ庭を鑑賞するようになっていました
a0216227_00175186.jpg
このコナーでも穏やかに外を鑑賞できる演出がなされていました
a0216227_00202589.jpg
縦の空間を感じさせてくれました
a0216227_00263568.jpg
オブジェ何を連想しますか-C
a0216227_00282882.jpg
土門拳記念館内にて 水のある中庭-C
a0216227_00324395.jpg
館内通路にて-C
a0216227_00344220.jpg
夕刻の公園にて
a0216227_00363678.jpg
素敵な環境の中でよい時間を過ごさせて頂きました。

(17:15~18:40)
この後 庄内町ギャラリー温泉町湯でゆっくり温泉に浸かりました。

18:52-北余目のGSで燃料補給します。133/円
19:15-コンビニファミマにて食料調達しました。
ファミマの駐車場にて食事を済ませます。

21:00-道の駅庄内みかわに到着本日はここでP泊です。

5月24日(水曜日)早朝雨・曇り 道の駅庄内みかわ にて
ここの道の駅には何度も寄りましたがP泊は初めてです。
5:00-起床・・・モル君連れて散歩します。
車中泊の車は10台以上ありました。

ゆっくり食事をとってから水をボトルに2本分頂ました。

7:15-道の駅庄内みかわを後にして赤川のこび橋を渡り
R112号線(六十里越街道)を赤川沿いに走ります。

7:52-赤川頭主工(とうしゅこう)鶴岡市熊出付近。
a0216227_12114811.jpg
赤川頭主工-C
a0216227_12124872.jpg
赤川の流れ日本海に注ぎます
a0216227_12145888.jpg
赤川頭主工の堰-C
a0216227_12174343.jpg
頭主工とは湖、沼、河川などから用水を取り入れる
農業水利施設の総称です。

この赤川を遡ると月山ダム湖に通じます。
新落合のバス停側には古い橋と国道の橋が並んでいます。
車を止めて赤川の支流の流れとフジの花を撮りました

a0216227_12294026.jpg
白いふじの花も咲いていました
a0216227_12304221.jpg
旧の橋からの景色です-C
a0216227_12322307.jpg
赤川の支流の風景です-C
a0216227_12360766.jpg
撮影を終えてR112号線・六十里越街道(月山花笠ライン)を
道の駅月山方面へ向かいます。
8:20-道の駅月山でトイレ休憩後直ぐに移動して湯殿山方面へ
途中米粉の滝の様子を見ました。
8:25-米粉の滝とツツジ-C

a0216227_12453197.jpg
県道353号線へ入り高度を上げて行きます。
8:33-湯殿山大綱総本寺大日坊瀧水寺に到着します。
真言宗豊山派で開山は弘法大師様とありました。
【徳川家の祈願寺で春日の局が参詣りした寺】

大日坊瀧水寺山門(仁王門)・・・茅葺の雰囲気のある山門です-C

a0216227_12575270.jpg
開山堂
a0216227_13021571.jpg
本堂には即身仏(真如海上人)が安置されています「-Cさん参拝しました」
a0216227_13074749.jpg
ピンクのシャクヤクが綺麗に咲いていました
a0216227_13135000.jpg
-C
a0216227_13153339.jpg
水子地蔵菩薩様と六地蔵菩薩様
a0216227_13163609.jpg
お堂の下にオダマキが咲いていました-C
a0216227_13183235.jpg
お手水所に観音様がいらっしゃいました
a0216227_13223875.jpg
オダマキが咲いていました
a0216227_13333211.jpg
大日坊瀧水寺を後にして更に奥へ進みます両サイドに
棚田が広がり秋には素敵な風景が見られそうです。
下りに入ると集落があり、話しをされていたお二人に
声をかけこの先の道の様子を聞きました。
Uターンした方がよさそうで元の道に戻り湯殿山を目指
しますが失敗。
戻り際に重郎右衛門の清水の小さな札を見つけ急遽、水
を頂く事にしました。
狭い山道なので気を使いながら給水しました。
湯殿山は今回諦めて月山ダムから田麦俣の六十里越しで
七つ滝経由で志津方面へ向かいました。

a0216227_14052868.jpg
七つ滝までは行く事が出来ましたがその先は通行止めでアウト。
仕方なく七つ滝の写真を撮ることにしました。
林道下には立派なツツジが咲いていますが写真には他の
木が邪魔で撮れません。滝とツツジが撮れたら最高です
がムリです。

9:33-七つ滝-C

a0216227_14075326.jpg
120mmで撮りました-C
a0216227_14090123.jpg
タニウズキはつぼみ状態でしたが七つ滝に添えました
a0216227_14110773.jpg
a0216227_14133106.jpg
諦めて国道に出て正規ルートで志津温泉方面へ向かいました。
10:20-志津温泉の五色沼に到着します。
月山を背景に入れて取敢えずシャッターを押しました
a0216227_14175127.jpg
雪は殆ど無くてわざとらしい写真ですが入れました
a0216227_14212818.jpg
五色沼の閑静さを切り取りました-C
a0216227_14241897.jpg
水芭蕉を入れたかったんですが時期が遅く傷んでいました-C
a0216227_14263745.jpg
五色沼は早々に引きあげて地蔵沼に向かいました。
天気が良くないので風景も色付きがイマイチで
特に水辺の写真は暗くなりがちです。

10:47-地蔵沼手前には未だ雪が残っていました-C

a0216227_14290898.jpg
散策せずにこの後ネイチャーセンターに行き館内に飾ってある
写真を見に行きました。「眺海の森でgiyoujiさんが写真のことを
言っておられたのを思い出しました」
先ずはネイチャーセンターの周りの景色を見て回りました。

センター側に存在感のある木が目に付きました

a0216227_14365751.jpg
センターサイドの風景です(残雪とブナ林)
a0216227_14474655.jpg
10:54-ブナの木
a0216227_14503397.jpg
10:55-ブナ林若葉
a0216227_14523355.jpg
10:56-残雪の沢とブナ林+で撮りました
a0216227_14552947.jpg
10:58-沢に見る枝の新緑
a0216227_14580241.jpg
10:59-センター側のブナ林-C
a0216227_15000096.jpg
11:00-沢に見るブナ林の風景-C
a0216227_15020809.jpg
センター裏の様子-C
a0216227_15050909.jpg
ネイチャーセンター内にて展示写真を拝見しました。
インストラクターの男性に展示写真の場所について尋ねます。
単独では厳しいような気がしました。
外は雨が降り出しています。今年は雪が多い方だと聞きました。
その後月山スキー場の駐車場迄行きますが途中写真を撮りながら
です。
途中で良さそうなブナ林を・・・ここは毎回写真を撮りますが
雪解けで雪原には怖くて入れません。
11:48-無難位置から撮影です

a0216227_15072647.jpg
11:52-ブナ林-C
a0216227_15203934.jpg
12:14-姥沢スキー場駐車場にて
a0216227_15231377.jpg
車内にて昼食を食べます。その後仮眠

16:02-駐車中の所からの風景 雨は小雨になりました

a0216227_15252749.jpg
ムラサキヤシオと月山、他にも数本咲いていました
a0216227_15294610.jpg
16:22-ゲレンデ脇のブナ林
a0216227_15330675.jpg
16:22-月山スキー場の雪の上から撮りました-C
a0216227_15352557.jpg
16:30-姥沢の駐車場を出て山を下ります。
16:42-林道S字カーブの所の沢を撮影します。
ブナの林の根開け

a0216227_15394911.jpg
根開けのブナ林-C
a0216227_15441220.jpg
17:10-地蔵沼に再度寄りました
a0216227_15505110.jpg
同-C
a0216227_15514882.jpg
17:40-道の駅にしかわに到着。道の駅がリニューアルされていて綺麗です。
西沢間沢町のコンビニセブンへ買い物に行きます。再度戻り食事にします。
食事の後温泉に浸かり、美味しそうなトマトと胡瓜をゲット。
今日は道の駅にしかわにてP泊となります。



# by regi-777-htc | 2017-06-10 14:51 | Comments(2)

2017-4~6-(その16) 春・信州∼東北地方のくるま旅【秋田県、象潟町、遊佐町、酒田市他】

a0216227_14363712.jpg
5月21日(日曜日)晴れ 道の駅にしめ にて
3:30-起床・・・外は未だ暗い状態です。モル君連れて散歩です。

今日は7号線(坂田街道)を少し南下して吹浦から鳥海ブルーラインに入り
元滝を訪ねたいと考えています。


5:40-道の駅にしめを出て象潟方面へ向かいます。

水田に浮かぶ島を撮りたいと-Cさんが云いますが上手く撮れる場所が見つかりません。
取り敢えずそれらしき所でお茶を濁します。
6:20-水田と小山、間に鳥海山を入れてみました-C

a0216227_15054366.jpg
水田に写す鳥海山-C
a0216227_15103707.jpg
その後7号線を南下吹浦で十六羅漢岩を久し振りに見に行く事にしました。
初めて十六羅漢岩を訪ねたのは10年以上前の事で初めて青森まで行った
時でした。(駐車場が整備された感じがします)
車を止めて少し海の方へ歩くと道路を跨ぐ様に遊歩道があり海へ向かって
階段を下りて行きます。


7:30-少し高い所から撮ります
a0216227_15120007.jpg
十六羅漢メインの岩です
a0216227_15251780.jpg
a0216227_15262152.jpg
何体の羅漢さんがいるでしょうか
a0216227_15281617.jpg
一番手前の羅漢さん
a0216227_15293387.jpg
a0216227_15335589.jpg
-Cさん、モル君連れで散歩です
a0216227_15343756.jpg
羅漢岩は他にもありますが目立たないので分かりにくいですが後ろにもあります
a0216227_15362484.jpg
皆さまはこの羅漢さんをどのように受け止めますか?(よう来てくれたのぉー もう帰るのかい?)
a0216227_15410183.jpg
モル君連れ歩き交代です。
何処に羅漢さんが居られるのかよく分かりません-C

a0216227_15514079.jpg
羅漢岩の奥に釣り人が一人いました さて羅漢さんは何体居られますでしょう-C
a0216227_15541477.jpg
7:45-背景に海も入れてみました-C
a0216227_15575053.jpg
一通り見て回り駐車場に戻ります。
8:23-綺麗な花が咲いていました

a0216227_16001235.jpg
駐車場で軽く食事をします。天気が良すぎ炎天下に居るとたまらなく暑いです。
8:30-鳥海ブルーラインに入り高度を上げて行きます。

8:48-神子石付近を自転車で登る青年が2人キツイ坂道を登って行きます。
道路脇にブナの林があり残雪も残っています

a0216227_16083178.jpg
a0216227_16395609.jpg
今日は天気が良く暑いですがブナ林を撮っていると涼しくなりました-C
a0216227_16405061.jpg
鳥海ブルーラインはドライブしていて清々しく神子石付近のブナ林も美しくて素敵でした-C
a0216227_16425345.jpg
今日は日曜日で少しずつ人が増えて来ました。
大平山荘パーキングエリアに着いた時は車は
無かったですが次々車が多くなり展望台にも
人が沢山上がって行きます。
写真も沢山撮りましたが遠くが霞ブログには
アップしませんでした。
仁賀保や坂田迄の展望がたのしめます。

11:56-鳥海山大物厄神社中社がありました

a0216227_16532610.jpg
大平山荘駐車場で食事をして仮眠、目が覚めると両サイドと前のスペースに
陸自の特装車他沢山の車両に囲まれていました。(驚きです)
展望台にはレーダーが設置されて物々しい状態で野営のテントも張られて
いました。
(多分北朝鮮のミサイルに関連したものと感じました)

一般の車は1台もいません。私達も移動して5合目の鉾立に向かいます。
鉾立のパーキングは車で一杯です。どうにか車を止めてトイレ休憩。
ビジターセンター内で鳥海山に関連した資料や写真を拝見します。

5合目は標高1150mあって奈曽渓谷は迫力満点です

a0216227_17171386.jpg
青空と新緑と残雪(緑の帯が綺麗です)
a0216227_17183084.jpg
鳥海山と残雪
a0216227_17191963.jpg
名曽渓谷の上の方です
a0216227_17204102.jpg
シラネアオイが下の方に咲いています
a0216227_17221913.jpg
鉾立での写真5点-C
鳥海山登山口近くにて-C

a0216227_17253451.jpg
名曽渓谷-C
a0216227_17270183.jpg
名曽渓谷です-C
a0216227_17281546.jpg
渓谷の樹々-C
a0216227_17293757.jpg
シラネアオイが咲いています、他にも小さな花が咲いていますが遠くなので撮れません-C
a0216227_17304202.jpg
山形県の年配の方と少し話します。
その後鉾立を後にして元滝に向かいます。下りはのんびり
ゆっくり車を走らせ途中写真を撮りながら元滝の駐車場に
到着。(モル君簡単に散歩させた後お留守番です)
車を置いて滝に向かいますが、小生三脚を車に置いて来た
ので撮影が大変です。
14:20-元滝への道(涼しい風が流れています)

a0216227_17481722.jpg
元滝への道 林道横にクルマグラムが咲いていました
a0216227_17501556.jpg
元滝の流れ緑の映り込みが綺麗です2点-C
a0216227_17522453.jpg
a0216227_17542635.jpg
林道サイドに咲くクルマグラム-C
a0216227_17561519.jpg
元滝の流れ-C
a0216227_17573550.jpg
14:50-元滝の清流4点
a0216227_17583358.jpg
a0216227_17595869.jpg
a0216227_18010217.jpg
a0216227_18014370.jpg
元滝手前の滝から順に撮ります穏やかな流れを強調して撮りました-C
a0216227_18043495.jpg
穏やかに落ちる清流の白水と苔生す岩を入れました-C
a0216227_18073217.jpg
ツツジの花が咲くのをここでは見たことがありません でもこの美しい光景は言葉で言い表せません-C
a0216227_18102997.jpg
上の写真と同じ所から撮っています-C
a0216227_18140852.jpg
元滝奥から見た光景です-C
a0216227_18161101.jpg
滝の落ち込みの白水を強調しました-C
a0216227_18175058.jpg
元滝の流れ 苔と草の付いた小いさな岩が主役です-C
a0216227_18195149.jpg
陽光が届き滝が輝きます2点-C
a0216227_18223509.jpg
a0216227_18235373.jpg
帰り道 緑輝く流れを撮りました-C
a0216227_18250768.jpg
ここから小生の写真になります(三脚無し)
落着いた滝の様子を表しました

a0216227_18284924.jpg
岩の造形を手前から入れて撮ってみました
a0216227_18333347.jpg
ツツジの木も入れて元滝全体を低い位置から撮りました
a0216227_18360824.jpg
同じ角度からの写真ですが少し前へ出て撮っています
a0216227_18382320.jpg
滝の奥緑を増やして撮りました
a0216227_18414414.jpg
元滝 苔生す岩と滝の流れを入れてみました
a0216227_18440675.jpg
落ち込みの流れを描写して苔岩を添えました
a0216227_18455787.jpg
元滝 玉すだれの雫と苔の岩を重ねました
a0216227_18481672.jpg
元滝に陽光が届き輝きました
a0216227_18521076.jpg
滝の流れと清流に陽光が届きます
a0216227_18533804.jpg
白糸に届く光がまぶしく見えます
a0216227_18551746.jpg
白糸と清流の流れに光が届きます
a0216227_18571204.jpg
帰り道 木々の輝き清流に写す (満足のいく元滝でした)
a0216227_19073649.jpg
17:30-元滝駐車場を出て7号線へ出ます。
象潟町大釜付近の水田と海

a0216227_19240727.jpg
畦道を入れての夕景です
a0216227_19255265.jpg
水田に鳥が餌をついばんでいました夕景-C
a0216227_19272931.jpg
光輝く海と水田-C
a0216227_19285737.jpg
吹浦で道の駅に入る前に海辺を散策しました。キャンプ場があり
通り抜けると目の前に漁港が現れました。
そのまま港内に向かうと高い突堤に人が2人居ました釣りをされていると
思いながらよく見ると三脚が見えます。

車を止めて遠くから様子を見ていると殆ど動きが無くて気になりました。
突堤の向こうに何があるのか下からは全く分かりません。多分海だと思い
ハシゴ代わりになる所で突堤へ上がって見ますとそこは川が流れ先は河口
です登った所は堤防でした。
河口の方を見ると伊勢の二見ヶ浦によく似た岩が目に飛び込んできました。
車で待つ-Cさんに見たままの様子を伝えてから車に戻り撮影準備をします。
(夕景の二見岩の写真が撮れそうです)
今度は三脚を持って堤防をよじ登ります。-Cを支えやっとの事で2人は堤へ
上がりました。
幸い陽は未だ高く撮影準備は慌てずに済みました。

地元のベテランカメラマンさん2人と宮城県大崎市のカメラマンさんでした。
写真を撮りながら話も弾みました。
18:10-出羽二見(夫婦岩)の夕景4点-C

a0216227_19581376.jpg
a0216227_20014648.jpg
a0216227_20025940.jpg
a0216227_20032801.jpg
時刻は-Cさんと前後しますが小生の写真を入れます
a0216227_20051421.jpg
a0216227_20053607.jpg
後ろの山側を撮りました鳥海山が見えています(吹浦地区)
a0216227_20062460.jpg
カモメ通り抜けて行きます
a0216227_20075388.jpg
空に飛行機雲が現れました
a0216227_20083346.jpg
日没
a0216227_20090183.jpg
陽が落ちるまで皆さんと写真を撮っていましたが地元の人が
もし時間があるんでしたら坂田市に眺海の森と云う所がある
ので行って見て下さいと。
(最上川と庄内平野が夕日に輝き素晴らしい光景が見られますと)
その話に心がワクワクいい事を聞きました。ぜひ行きますと返事。
そして皆さんとお別れして道の駅鳥海に向かいます。
道の駅はすぐ側なので7時40分頃道の駅に入りました。

今夜は道の駅鳥海でP泊となります。


5月22日(月曜日)晴 道の駅鳥海にて
5:00-起床・・・モル君散歩に連れて行きます。
朝食は第2駐車場に移動して静かな所でのんびり頂きます。

9:25-道の駅を出て裏山に向かいます。初めての道で登って行くと
マレットゴルフやレクレーション広場などが整備されてました。
そのまま進むとR345号線に出ました。

9:40-遊佐地区で水田と鳥海山を望みます

a0216227_21160136.jpg
羽越本線を越え田園地帯に向かうと箕輪地区で畦道に咲く
ワスレナグサを発見 車を止めて写真を撮りました。
ワスレナグサとタンポポ

a0216227_21201172.jpg
同-C
a0216227_21210388.jpg
近くに鮭の漁協があり鮭の研究をしているようです。
梅花藻のある川と鳥海山-C

a0216227_21372644.jpg
羽越本線の線路が側に通っていたので電車でも撮ろうと
話し、水田と鳥海山を入れて電車を撮ることにしました。

ロケーションを探してしばし待機どんな電車が通るかは
全く分かりません。

遊佐町当山地区です 初めに現れた列車はJR貨物でした

a0216227_21323823.jpg
a0216227_21335537.jpg
JR貨物 何となくかわいいです-C
a0216227_21391230.jpg
次に来たのは坂田方面へ向かう特急いなほでした
a0216227_21404253.jpg
次は普通電車で坂田方面へ向かいます-C
a0216227_21424896.jpg
普通電車
a0216227_21441267.jpg
そして仁賀保方面へ向かう特急いなほです
a0216227_21472907.jpg
特急いなほ-C
a0216227_21482803.jpg
上下4本の列車を撮影する事が出来ました。
移動して昨日教えてい頂いた眺海の森に向かう事にします。

途中の田園にて直線の道で鳥海山を眺めます(遊佐町)-C

a0216227_21533132.jpg
鳥海山と上戸神社
a0216227_21551465.jpg
鳥居を潜り社殿に向かいます道が狭くて大変です
a0216227_22042887.jpg
突き当りに神社の階段があり、右折れして脇から山の中へ登って行くと本殿がありました。
-Cさんお参りします。ここには剱龍神社とありました。
11:15-お参り後すぐに下り元の道R-345号へ出ました。
11:35-酒田市八幡でコンビニファミマに寄り弁当を購入。
酒田市生石付近でハマナスの木が見え紅色の花を咲かせて
いました。

12:00-眺海の森に到着。日差しが強く暑くて車を木陰に
入れます。
展望台からは聞いた通り最上川と庄内平野が一望出来て
後ろ側には鳥海山が遠望出来ました。
見晴らしの良い1等地です。

a0216227_22175900.jpg
庄内平野の米どころ 水田が無数に見られます
a0216227_22183104.jpg
裏からの鳥海山遠望
a0216227_22200453.jpg
鳥海山遠望-C
a0216227_22204776.jpg
暑くてソフトクリームを購入、モル君と半分ずつ食べました。
その後食堂で蕎麦と冷やしラーメンを食べました。
奥には宿泊と日帰り入浴の出来る施設がありました。
「眺海の森さんさん」
そのまま温泉に浸かる事にしました。(360円)
昼間の事で貸し切り状態でのんびり温泉三昧しました。

夕方まで時間があり風呂上りテラスでお茶をしながら
この地の風景写真集を見せて貰いました。


写真の撮れる場所など受付の女性が親切にポイントを
幾つか教えて下さいました。

ここの施設で働く若い男性が畑に水をやっていたので
話をしました。
東京で働いていたそうで近く結婚するので故郷戻って
来たそうです。彼女は奈良県の人で近々に奈良へ車で
行くそうです。まずはおめでとうございます。
初めての関西どの道を走れば良いか尋ねられました。

16:00前-場所を選ぶため撮影場所へ行き三脚をセット
して待ちます。
夕日か落ちて夜景まで相当数の写真を撮る事になります。
私達がいる所には次々人が来て総勢6人が撮影をしていました。

後から来られた栃木県の男性は朝からここに来るのに那須~
福島南会津~喜多方~山形飯豊を通りやっと間に合ったとの
話でした。
夕景の最上川と庄内平野

a0216227_22421919.jpg
a0216227_22541624.jpg
a0216227_22550704.jpg
a0216227_22553818.jpg
a0216227_22555831.jpg
a0216227_22563030.jpg
a0216227_22565602.jpg
次に-Cさんの写真です
a0216227_22575945.jpg
a0216227_22583189.jpg
a0216227_22585707.jpg
a0216227_22592157.jpg
撮影終了したのは20:00前でした。後片付けをして
20:10-眺海の森を後にして新しく出来た道の駅庄内へ
向かいます。
途中コンビにセブンに寄って食料を調達します。
21:00-道の駅庄内に到着。今日はここでP泊となります。


# by regi-777-htc | 2017-06-07 14:28 | Comments(2)

2017-4~6-(その15) 春・信州∼東北地方のくるま旅【新潟県関川村、秋田県由良、にかほ市、由利本荘市他】

a0216227_14235142.jpg
5月19日(金曜日)晴 道の駅関川にて
6:00-起床・・・車中泊の車がそこそこの台数止まっていました。
モル君の散歩、道の駅周辺を一回りしました。


今日は旅に出る前、三男坊に頼まれた村上市の有名な塩引き鮭を買いに寄ります。
栃尾市の厚揚げも頼まれていましたがそちらは今回寄らないのでパスしました。

7:20-食事を済ませて道の駅関川を後にして村上市方面に向かいます。
途中景色を撮りながらブラブラ、のんびり車を走らせます。
県道273号に入り荒川の小見橋を超えた所で写真を撮ります。
橋の側から荒川越しに飯豊連峰を眺めます(雲ひとつ無い上天気です)

a0216227_14503952.jpg
小見橋を入れて飯豊の山を撮りました-C
a0216227_14533426.jpg
更に車を走らせ女川沿いに進みます 途中の水田と飯豊連峰の
風景ものんびりして良いものです

a0216227_15000103.jpg
a0216227_15062890.jpg
同水田と雪山-C
a0216227_15191455.jpg
映り込みの飯豊の山とタニウズキ-C

a0216227_15234835.jpg
女川から藤沢川へ(県道273~R290~県道273と変則なルートで川筋を
上流へ、田麦峠の細い道を進むと大栗田十里ウォーキングの表示があり
更に進むと門前川の上流へ出ますがここからの県道207号線は土砂崩れで
通行止めです。仕方なく元の道を引き返します。
蛇喰地区藤沢川で写真を撮ります。
清流藤沢川-C

a0216227_15372739.jpg
藤沢川の上流方向です-C
a0216227_15385668.jpg
蛇喰地区の山里集落-C
a0216227_15405434.jpg
この後R290号線に出て村上市へ
8:53-村上瀬波温泉IC側のセブンに寄り、その後燃料補給します。(130円/L)
スタンドの人に塩引き鮭の美味しい店を紹介して貰いました。
村上方面に走り道路沿い右にある(永徳)にて買い物します。
塩引鮭や
鮭の酒びたし、沖鮭など購入。子供たちに郵送します。
村上市の名産品・鮭の酒びたし(写真は参考資料です)

a0216227_16273079.jpg
何時もは村上市には寄らず通り抜けばかりでしたが今回
折角訪れたので公開中の武家屋敷だけでも見て行く事にしました。
街はこじんまりしていますが小綺麗な町で住みやすそうです。
庄内町まいづる公園の武家屋敷藤井家、岩間家、嵩岡家を拝観(無料)
藤井家 寄棟造、直家、萱葺、江戸後期
(藩政期には250石を給されていたそうです)
身分は中級上位に位置する立場の方が住んでいたようです。

a0216227_16411323.jpg
藤井家門-C
a0216227_16454663.jpg
中へ入った所です-C
a0216227_16584706.jpg
鮭の寒風干し(雄鮭で鋭い顔つきですね)
a0216227_17000947.jpg
頭をアップで撮りました
a0216227_17043005.jpg
建屋の裏側です-C
a0216227_17054996.jpg
藤井家にて鮭の寒風干し-C
a0216227_17094931.jpg
藤井家の兜鎧
a0216227_17110964.jpg
岩間家から隣の嵩岡家に移動
a0216227_17142127.jpg
玄関の門、軒下に寒風干しの鮭が吊ってありました
a0216227_17160192.jpg
a0216227_17183977.jpg
嵩岡家のいろり端-C
a0216227_17192561.jpg
嵩岡家で説明下さった方は手水場の仕組みと使い方なども教えて下さいました。
嵩岡家は小和田家との繋がりがあり家系図に示されていました。
まいづる公園の表門を裏から撮りました

a0216227_17331422.jpg
a0216227_17394499.jpg
村上市を後にして上中島付近でアヤメを撮りました
a0216227_17424101.jpg
その後三面(みおもて)川沿いに車を走らせて
a0216227_17462352.jpg
12:00-三面ダム湖
a0216227_17474081.jpg
ここからは折り返してR7号線(羽州浜街道)に出て北上します。
おけさおばこラインの海沿いは気持ちいいですが今日は暑いです。

13:20-下越朝日小川(村上市)のコンビニセブンで弁当等購入。
海府ふれあい公園で食事と休憩をします。(モル君連れ散歩です)

16:00-日差しの強い浜を散歩する親子

a0216227_18161739.jpg
その後直ぐに出発今日は象潟の道の駅に入る事にしました。
日本海沿いの道の駅笹川流れでトイレ休憩5分。

笹川流れの景勝地で写真を撮ろうと思いましたが道路工事で
片側交互通行なのでパス。
-Cさん信号待ちの最中に車の窓から撮影していました。
16:34-笹川流れ-C

a0216227_18250334.jpg
-C
a0216227_18313373.jpg
羽州浜街道道の駅あつみに寄り直ぐに出発。
17:28-波渡﨑から鳥海山が海越しに見えています-C

a0216227_18420921.jpg
17:40-波渡﨑漁港にて鳥海山遠望
a0216227_18503296.jpg
堅苔沢付近の海岸線で夕日が沈み行く光景を撮影します。
山形からのご夫妻が居てご主人が写真を撮っておられました。
17:59-色付きかける太陽-C

a0216227_18550864.jpg
18:31-30分程待機後の夕日-C
a0216227_18572335.jpg
その間山形の方と会話していると魚釣り帰りの方も来られ
カメラを持って夕日を撮り始められ賑やかになりました。
18:35-夕方の色に染まり始めた海-C

a0216227_19092253.jpg
18:41-分きざみで撮影-C
a0216227_19115203.jpg
18:41-C
a0216227_19132187.jpg
18:42-C
a0216227_19154123.jpg
堅苔沢付近にて
a0216227_19161993.jpg
18:46-
a0216227_19173036.jpg
18:48-
a0216227_19181628.jpg
-C
a0216227_19215910.jpg
日没前
a0216227_19231619.jpg
-C
a0216227_19264697.jpg
夕闇迫る波渡﨑魚港にて鳥海山望む
a0216227_19284226.jpg
19:03-沈み行く夕日
a0216227_19302981.jpg
波渡崎にて-C
a0216227_19313119.jpg
19:25-由良漁港にて-C
a0216227_19335070.jpg
19:31-由良漁港残照
a0216227_19354620.jpg
18:34-由良漁港白山島に夜の帳が降ります
a0216227_19381790.jpg
由良漁港夜景-C
a0216227_19410411.jpg
19:30-同夜景広角寄りで撮ります-C
a0216227_19452201.jpg
19:38-由良漁港に闇迫る
a0216227_19462484.jpg
20:47-象潟(きさがた)のコンビニローソンで食料調達
21:00-道の駅象潟に到着します。
ここは温泉眺海の湯があるので相変らず車が多いです。

モル君連れて真っ暗なねむの丘の海沿いを歩きます。
今日は少し遅い食事となりましたが美味しくいただきました。
今夜はここ道の駅象潟でP泊とします。



5月20日(土曜日)晴 道の駅象潟にて

今日は鳥海山高原や祓川の登山口まで行きます。
その後下山して高原の菜の花畑を見てから夕方
海辺で夕陽を眺めたいと思っています。


鳥海山は東北の名峰で山形・秋田県を代表する山です。
別名 出羽富士と呼ばれています。(標高2236m)
裾野は広大で豊かな森林あります。自然の営みの中
ブナの森や幾つもの清流の流れ、湿原、沼、池など
が見られ名瀑の滝も数多くあり。訪れる人も多いです。

東北に行けば必ず寄りたい鳥海山高原です。

3:40-起床・・・モル君散歩に連れて行きます。
4:30-道の駅象潟を出ます。
何時ものルートで象潟の水田と鳥海山を撮ります。

水田に写る鳥海山は朝日が薄っすら届き空気が澄み心地よい風景です-C
a0216227_07062995.jpg
空青く鳥海山もスッキリ見えてとても綺麗です-C
a0216227_07074906.jpg
朝日が薄っすら山に届きます 長閑な風景です-C
a0216227_07141462.jpg
田植えが終わった水田と鳥海山の風景は良いですね
a0216227_07182017.jpg
鳥海山の真上に小さな三日月が出ていました 青空と水田と鳥海山ベストマッチです-C
a0216227_07192603.jpg
水田をウロウロしている内にいつも走る県道312号線、
広域農道のルートが分らなくなりいつしかブルーライン
を走っていました。
そのまま行って見ると途中で通行止めになっていました。
象潟の役場の所まで戻り再度広域農道へ今度は間違いなく
ルートに乗りました。
高度を上げて行くと展望の良い小さな駐車場があります。
何時もここで写真を撮りますが今日も寄る事にしました。

以前ここで山菜取りの3人のおばさま方と話をしました。
持っていた神戸チョコを差し出すと、美味しいと喜んで
下さり代わりにお菓子を頂きました。
後で神戸チョコを買ったそうです。

象潟一帯は5月の連休を過ぎるとの山が霞む傾向にあり
写真を撮るなら連休までが良いと聞きました。
田んぼに水が入るとその水が蒸発して一帯が霞んで見え
そのため鳥海山などがぼんやり見えるそうです。
もう一つは黄砂の飛来によって霞むこともあるのでは?。
今回はラッキーでした!!。青空とスッキリ山が見えます。

水田の棚田と町の様子そして日本海も見えます

a0216227_07341823.jpg
水田を大きく撮りました-C
a0216227_07354380.jpg
車を進め峠を越えると視界が広がります。
上坂地区です 。ここも好きな場所で必ず写真を撮ります。
水田と鳥海山スッキリ山が見え最高です-C

a0216227_07451556.jpg
この場所はお気に入りでしばらく景色を眺めています。
作業小屋を入れて長閑な風景を撮りました

a0216227_07484978.jpg
花立牧場側の池に到着 ここも定番のお気に入り場所です。

キャンプ場のコテージを入れて池と鳥海山を撮りました

a0216227_07535698.jpg
正面の林を入れ素朴な感じに撮って見ました-C
a0216227_07571659.jpg
お互い数多くシャッターを切りましたが少し違う写真を1枚ずつ入れました。

いよいよこれから鳥海山の五合目の祓川までドライブになります。
雪が思いの外少なく、訪れた時期が遅い為でしょう。
林道を高度上げ進むと前方に鳥海山が見えてきました。

車を止めて前方の風景を撮ります

a0216227_08183268.jpg
少し前へ進むとアカヤシオでしょうか林道横に何本か咲いていました
a0216227_08241777.jpg
近くに寄って撮りました-C
a0216227_08261899.jpg
更に車を進めると少し広い場所に出ました。
この場所も毎回車を止めて写真を撮りますが
今回は早春的な感じが薄く時期が遅い為だと
思います。
存在感のある木で下にはアカヤシオとタムシバが咲いていました

a0216227_08293813.jpg
雪解けの流れに水芭蕉が咲いていましたが終わり状態でした。
新緑のブナ林(ブッシュが多く出ていました)

a0216227_08315289.jpg
a0216227_08350971.jpg
a0216227_08370485.jpg
陽光に輝くブナの木
a0216227_08410218.jpg
新緑が綺麗です-C
a0216227_08431591.jpg
森林の中へ入って見ますが足元の雪は固くて歩きやすいです。
森の中から鳥海山を望む

a0216227_08492068.jpg
森の奥へ進むと左側に開けた所があり鳥海山が見えました
a0216227_08452095.jpg
6:45-雪原の先の景色です
a0216227_08505159.jpg
車に戻り祓川の駐車場へ向かいます。
7:00-祓川の駐車場は既に満車状態です。
空きスペースが3つ程あり一番奥に車を入れます。
春スキーを楽しむ人と登山の人が多くいて準備中。
話を聞くと4時間位で頂上に登るそうです。

モル君を連れて少し散歩をします。その後モル君
車でお留守番して貰います。

私達は雪原の散策に出かけます。

a0216227_11533119.jpg
7:24-雪原にて(-Cさん普通のウォーキングシューズなので歩きにくそうです)
a0216227_12031974.jpg
雪原の端はスロープが急で危険です
a0216227_12062355.jpg
祓い川登山口にて-C
a0216227_12093786.jpg
正面左側のスロープ これ以上進むのは怖いです-C
a0216227_12112010.jpg
7:30-竜ヶ原湿原にて鳥海山が低く見えます-C
a0216227_12144665.jpg
木道右サイドにて、雪解け後の湿原を見たくなりました-C
a0216227_12224017.jpg
木道右りから水辺を入れずに写しました
a0216227_12244648.jpg
木道の外れでスキー板を装着して登って行かれます-C
a0216227_12271954.jpg
7:45-登山ルートを歩きます ダケカンバが元気よく立ち上がっています-C
a0216227_12304458.jpg
大きなダケカンバの木が雪解けと共に姿を現した感じです-C
a0216227_12430783.jpg
登山ルート雪原を行く
a0216227_12472372.jpg
立ち止まり先のルートを眺める人がいます?-C (行って見たいな~‼)
a0216227_12490098.jpg
後ろの景色です
a0216227_12532197.jpg
7:55-雪原を行く登山者
a0216227_12564807.jpg
7:59-竜ヶ原湿原木道の淵で踏み外し膝まで落ち込みました
a0216227_12584918.jpg
8:01-祓川登山口近くにて-C
a0216227_13023992.jpg
車に戻り下の第2駐車場へ移動します。
8:20~9:50-広い駐車場には車が我が家を入れて3台の車しかありません。 
モル君を散歩させます。その後、下の景色を眺め写真を撮ります。
8:33-雪原と新緑の樹々が交合に重なる様子を選び撮影します

a0216227_13091062.jpg
8:43-林道を入れて撮りました
a0216227_13131052.jpg
素晴らしい景色を見ながらの食事は最高です。
10:10-高原に戻り今度は菜の花と鳥海山を眺めに
行きます。

花立牧場の近くを散策する人が今年の菜の花は不良で
蕎麦畑に変わっていると云っていました。

取敢えず現地へ行って見る事にしました。
菜の花は咲いていましたが勢いがなく一斉には咲いて
いませんでした。

長野県飯山の菜の花と同じで連作障害が出ているようです。
蕎麦の花は未だ先でしょうが植わっていたかは分かりません。

菜の花と鳥海山

a0216227_15294118.jpg
菜の花まつりのテントが見えます
a0216227_15305066.jpg
菜の花まつりとウォーキングのイベントで人が沢山歩いていました-C
(菜の花は少なくて撮れる構図に苦慮します)

a0216227_15314427.jpg
11:00-この後はもう少し下ってふれあいロッジ、
サイクルターミナルやまゆりの駐車場で休憩、
モル君連れて散策。

13:15-由利本荘市で燃料補給します(126円/L)
13:30-道の駅にしめの裏にイオン系のスーパーがあり買い物をします。
    駐車場にて食事と休憩。
16:40-迄の間-Cさん玉葱の酢漬けを作ります。
17:20-由利本荘マリーナにて魚釣りする人達が多くいます。

側には風力発電の風車が並んでいます-C(奥の風車を入れると28基、画面に写っています)

a0216227_15563742.jpg
17:40-道の駅岩城に入るも車は満車状態です。
ここで夕日を見る事にします。少し時間があるのでモル君散歩させます。
18:00-岩城の浜に見る夕陽(土曜日でキャンプに来ている高校生たち)

a0216227_16365986.jpg
18:15-
a0216227_16421499.jpg
18:18-C
a0216227_16432673.jpg
18:30-C
a0216227_16455070.jpg
18:40-ジェット機の往来が多く見られます
a0216227_16464272.jpg
18:45-
a0216227_16473815.jpg
18:47-C
a0216227_16490996.jpg
19:00-道の駅を出て道の駅にしめに向かいます。
19:20~50-途中由利本荘でイオン本荘店にて買い物します。
20:10-道の駅にしめに到着。
(トイレに近い所から順番に20台程の車が車中泊していました)
モル君散歩に連れて行き、その後食事にします。
今日はにしめの道の駅でP泊となりました。



# by regi-777-htc | 2017-06-03 14:16 | Comments(2)