2017-11~12-近場の秋風景

a0216227_15531656.jpg
11月の晴れの日、粉河のミカン畑の道を走りました。
和歌山県はフルーツ大国でミカンや柿が代表的な果物です。
a0216227_15565719.jpg
a0216227_16035850.jpg
橋本運動公園の秋(桜紅葉)
a0216227_16082816.jpg
a0216227_16094193.jpg
運動公園の秋
a0216227_16104126.jpg
橋本の柿畑
a0216227_16122384.jpg
11月23日(木曜日)曇り 勤労感謝の日
朝、霧が出ていて先日見た雲海が見られるかもと思い
カメラを提げて出かけました。京奈和道を奈良方面か
和歌山方面かどちらへ向かうか迷いましたが霧の濃さ
で和歌山方面へ向いました。
途中かつらぎから南は霧が薄くなって来たので京奈和
道を下りて紀ノ川方面に向かいます。
紀ノ川では殆ど霧が無く取敢えず山方向へ向かいます。
狭い道をくねくね上がると以前フィルダーで来た所の
町石道の展望地に出ました。
紀ノ川筋を取敢えず撮りました-C
a0216227_16133353.jpg
雨引山分岐(町石道の分岐点)
この場所はキャンカーではUターンもできない
場所でフィルダーの時も大変でした。
狭い柿山の農道を慎重に500m程バックで下り
やっと方向転換をしました。
そのまま紀ノ川筋の右岸沿いを橋本、五條へと
車を進めますが秋らしい風景には会えません。
仕方なくドライブ気分でウロウロして帰ろうと
思いながら西吉野へ向かいました。
丹生神社の所で写真を撮る人がいたので私達も
車を止めて写真を撮る事にしました。
昔ここには写真を撮りに来ましたが上手く撮れず
それ以降は撮りに来たことがありませんでした。

丹生神社イチョウの黄葉が一番良い時ですね-C
a0216227_16293177.jpg
縦軸にて-C
a0216227_16491397.jpg
同神社にて黄葉-X-T10
a0216227_16510398.jpg
縦撮りの銀杏-X-T10
a0216227_16525388.jpg
正面からの神社X-T10
a0216227_16543274.jpg
その後もR168号線を奥へ進み西野で県道49号を天川方面へ向かいます。
R309号線に出て天川からみたらい渓谷へ入ります。祭日で車が多くて
交差も大変です。
紅葉は終わっていました。気温が低くて風もあります。
直ぐにUターンしてR309号線の道の駅吉野路黒滝に向かいます。
道の駅でモル君散歩させてから売店の前で温かいしし汁を頂きました。
冷えた身体がポカポカしました。
昼時間でお客さんも多く駐車場は満車状態でした。
ヤマザキの豆大福とコーヒー変な組み合わせですが美味しかったです。
芝生広場の奥に流れる丹生川の堤に紅葉が残っていました。
川の流れと紅葉X-T10
a0216227_17354452.jpg
a0216227_17362584.jpg
a0216227_17365399.jpg
a0216227_17421784.jpg
その後下市経由で途中五條のモンベルに寄りました。
帰宅する前にオークワに寄ります。

12月1日(金曜日)晴れ
我が家の朝、庭のハゼが真っ赤に輝いていましたX-T10
a0216227_17432973.jpg
今年は沢山花を付けた純白の山茶花です
a0216227_17442765.jpg
a0216227_17465458.jpg
a0216227_17472178.jpg
12月4日(月曜)晴れ
紅葉のハゼ-a900-135mmF1.8-ツアイス
a0216227_17475301.jpg
黄葉のユキヤナギ
a0216227_17524712.jpg
以上でした。



More
# by regi-777-htc | 2017-12-06 16:55 | Comments(2)

2017.11 秋のくるま旅 (7最終編) 鳥取県、岡山県、兵庫県、和歌山県

a0216227_22452493.jpg
2017年11月15日(水曜日)晴れ 道の駅柿の郷くどやま
6:30-起床・・・いつもの様にモル君を連れて散歩に行きます。
道の駅の周りに昨日からの霧が流れています。
早々に車に戻ります。千葉県からの男性2人、話をすると
高野山に行くそうです。良かったらすぐ側に女人高野の
慈尊院がと・・・説明。近くなので寄って見たらいかがですか。
2人は直ぐに慈尊院へ出かけられました。
私達もすぐ後から慈尊院へ行きました。

7:00-慈尊院の駐車場に到着。
薄っすら霧がでています。門前でカメラのシャッターを押しました
7:09-朝の雰囲気が良かったです
a0216227_23081122.jpg
山門から境内を撮ります
a0216227_23120662.jpg
山門にて低い位置から多宝塔を入れて撮りました-C
a0216227_23153224.jpg
X-T10
a0216227_23163895.jpg
先程の方も来て境内の散策され本堂へも入って見られていました。

霧の中の多宝塔ですX-T10
a0216227_23202103.jpg
お地蔵様X-T10-
a0216227_23280506.jpg
乳房型の絵馬奉納-C
a0216227_23292575.jpg
慈尊院弥勒堂X-T10-
a0216227_23321464.jpg
大灯籠普通灯籠(奉納料)X-T10
a0216227_23353887.jpg
本堂X-T10
a0216227_23373598.jpg
菩薩さまX-T10
a0216227_23382845.jpg
多宝塔-C
a0216227_23403372.jpg
乳房型絵馬奉納-C
a0216227_23414924.jpg
慈尊院 霧の多宝塔と神社への階段-X-T10
a0216227_23465759.jpg
神社の階段にて慈尊院境内望む-X-T10
a0216227_23492785.jpg
階段の上部にて慈尊院を望みます-X-T10
a0216227_23511498.jpg
見上げる神社の階段-C
a0216227_23531780.jpg
丹生官省符神社階段にて-C
a0216227_23545435.jpg
丹生官省符神社-C
a0216227_23554687.jpg
丹生官省符神社階段-X-T10
a0216227_23565792.jpg
丹生官省符神社階段-C
a0216227_23580388.jpg
丹生官省符神社内の招總社-C
a0216227_23594760.jpg
丹生官省符神社鳥居X-T10
a0216227_00005007.jpg
丹生官省符神社-C
a0216227_00012845.jpg
丹生官省符神社-C
a0216227_00020299.jpg
丹生官省符神社酉年も後わずか-X-T10
a0216227_00043886.jpg
丹生官省符神社酉年-X-T10
a0216227_00064160.jpg
丹生官省符神社ご神殿-X-T10
a0216227_00090407.jpg
丹生官省符神社側にある町石です-C
a0216227_00112350.jpg
町石道を少し歩くと勝利寺がありました-X-T10
a0216227_00125799.jpg
丹生官省符神社裏の町石道-X-T10
a0216227_00164294.jpg
丹生官省符神社から通り抜けの道、町石道へ-X-T10
a0216227_00174488.jpg
慈尊院の土塀-C
a0216227_00203919.jpg
車に戻りモル君少しだけ散歩させます。
その後せっかくなので天野の里、丹生都比売神社へ行く事にしました。
九度山からかつらぎ町の県道を山に向かい登って行くと紀ノ川方面に
雲海が出ていました。
狭い道ですが朝なので通る車も無く道路端に車を止めて写真を撮りました。
かつらぎ町の雲海点在する集落を入れて撮りますX-T10-3点
a0216227_00220701.jpg
a0216227_00293784.jpg
a0216227_00300442.jpg
-Cさん3点
a0216227_00321614.jpg
a0216227_00323462.jpg
a0216227_00325076.jpg
しばらく写真を撮り続けました。
その後天野の里へ向かい駐車場に車を止めます。
駐車場の枯れアジサイにクモの糸が輝いていました
-C2点
a0216227_00331398.jpg
a0216227_00372418.jpg
枯れアジサイ-X-T10
a0216227_00391244.jpg
丹生都比売神社紅葉、陽光射す鳥居-X-T10
a0216227_00430966.jpg
同鳥居-C
a0216227_00440324.jpg
-C
a0216227_00451946.jpg
紅葉と輪橋-C
a0216227_00461313.jpg
秋色の境内-X-T10
a0216227_00465167.jpg
丹生都比売神社、輪橋の上から神殿を-X-T10
a0216227_00475987.jpg
X-T10
a0216227_00501870.jpg
X-T10
a0216227_00512358.jpg
陽光射す朝の参道-C
a0216227_00522568.jpg
丹生都比売神社楼門-X-T10
a0216227_00531863.jpg
本殿-C
a0216227_00550618.jpg
七五三の衣装-X-T10
a0216227_00563346.jpg
七五三のお祓いを受けてこられたお子さん-X-T10
a0216227_00582186.jpg
鏡池越しの輪橋-X-T10
a0216227_01005270.jpg
同-C
a0216227_01021124.jpg
庭園の紅葉-C
a0216227_01030215.jpg
撮影を終えて駐車場にて食事にしました。
12:14-天野の里を後にして自宅へ向かいます。
途中山腹で柿山の風景を最後に撮りました-X-T10
a0216227_01073682.jpg
彩の台オークワに寄り買い物をして帰りました。

13:30-帰宅しました。
今回もそれぞれの地区で楽しく過ごすことが出来とても良かったです。
旅先でいろんな方々とお逢いして温かく接して下さり感謝しています。
皆さまありがとう御座いました。
13日間の秋のくるま旅(鳥取県、岡山県、兵庫県、和歌山県)
走行距離1650㎞ 使用燃料210L

# by regi-777-htc | 2017-12-05 11:40 | Comments(2)

2017.11 秋のくるま旅 (6) 鳥取県、岡山県、兵庫県、和歌山県

a0216227_21442827.jpg
2017年11月14日(火曜日)雨のち晴れ 道の駅 丹波おばあちゃんの里にて
6:30-起床・・・小雨降る中モル君散歩させます。
車中食事を済ませてから未だ準備中の店内を見せて貰いました。
美味しそうな弁当やパン黒豆のお菓子などが並べられていて搬入業者さんも
忙しそうでした。
表では昔懐かしいポン菓子屋さんも雨の中で準備をされていました。

今日は初めに丹波焼 立杭 陶の郷へ行く事にしています。
先般 奈良にお住いのMkさんがブログで紹介下っていたので丹波焼の陶器が
見たくなりました。

9:25-道の駅を後にして春日ICから舞鶴若狭自動車道で丹南篠山口ICで下ります。
JAのGSで燃料補給します。
雨が降ったり止んだりです(陶の郷)近くで-Cさん写真を撮ります。
a0216227_22280954.jpg
10:00過ぎに陶の郷(すえのさと)駐車場に到着。
既に観光バスが入っていて女性の方々が20人位が傘をさして
館内へ入って行かれます。丹波焼陶芸教室に行かれました。

駐車場横にあるランプシェードです
a0216227_23002072.jpg
受付入場料200x2を払います。少し受付さんとも話をします。
近くに紅葉の綺麗な所があれば教えて貰おうと思い尋ねました。

拝観無料で人が少なく良い所ですよと洞光寺を紹介下さいました。
後で行く事にしました。

窯元横丁では
各作家さんのコーナーが間仕切られていて楽しく見て歩きます。
私はコーヒーのマイカップを探します。
-Cさんは自分のお茶碗を先日壊したので探すようです。

旅先での陶芸の里は今までにもよく見て歩きました。
九州では伊万里焼、山口では萩焼、岡山の備前焼
三重の伊賀焼、滋賀の信楽焼、岐阜の志野織部焼
栃木の益子焼などでそれぞれ記念に何かを買って
帰りました。

展示販売の品、図案が可愛いですし色も変わっていて-C
a0216227_22584172.jpg
金魚の図案が面白いですX-T10
a0216227_23031010.jpg
うろこの変形の様なモチーフで色彩も素敵ですX-T10
a0216227_23065364.jpg
金魚の模様・・・コーヒーは入れたくないですが飾って置くのに良いですねX-T10
a0216227_23085041.jpg
小鯛のデザインが可愛いですX-T10
a0216227_23115649.jpg
きのこも可愛いでしたX-T10
a0216227_23135610.jpg
各コーナを楽しく拝見しました。
私は入り口近くにあったコーヒーカップを選びました。
帰宅後写真を撮りました。コーヒーマイカップ
a0216227_23202206.jpg
-Cさんは展示コーナーの真ん中あたりで見つけたお茶碗です
a0216227_23225029.jpg
2つ並べて撮りました
a0216227_23241089.jpg
2つを買って次の展示館へ・・・途中の渡り通路にて-C
a0216227_23262293.jpg
ランプシェードX-T10
a0216227_23154862.jpg
面白いデザインがいっぱい-C
a0216227_23295817.jpg
雨がしきりに降っています-C
a0216227_23331602.jpg
昭和時代の日産サニーが止まっていましたX-T10
a0216227_23343739.jpg
作品コーナーにてX-T10
ブドウの絵が素敵です
a0216227_23372470.jpg
a0216227_23390667.jpg
a0216227_23401028.jpg
a0216227_23410586.jpg

素焼きの花器でしょうか造形も景色も大好きです
a0216227_23423027.jpg
このコーナーで拝見させて頂いた作品はどれも繊細でありながら
迫力と存在感を感じました。
陶器類を見るのは大好きで楽しく過ごせました。
訪れて良かったです。
奈良県在住のKご夫妻様ありがとう御座いました。

この後売店で黒豆と栗のお菓子を土産に買いました。
くるり丹波・笹山の観光雑誌も買いました。

12:30-駐車場で車中軽く食事を済ませてから文保寺へ向かいます。
13:00-文保寺に到着、山門を撮りますX-T10
a0216227_00171647.jpg
左の道を進むと細い道になり突き当りに小さな駐車場がありました。
受付小屋に人が居ました。
紅葉を聞くと台風や雨でかなり葉を落とし終わりに近い状態ですと。
来年11月3日御開帳がありますので是非おいで下さいとの事でした。
せっかくでしたが今回は入山せずUターンして出口へ向かいます。
石仏が参道に見えましたX-T10
a0216227_00233044.jpg
帰りに山門を撮ります-C
a0216227_00260172.jpg
次に向かったのは直ぐ近くの大国寺です。
13:20-お寺の入り口は狭く駐車場に車を入れますが観光バスのツアー客が大勢やって来ました。
住職はお出迎えとお寺の説明をして御朱印迄こなして居られました。拝観料300円。

しばらく様子を見ているとすぐに別のバスから大勢やって来ます。
これはダメだと車を出して別のお寺へ行きます。

陶の郷の受付さんに教えてもらったお寺へ行くことにします。
14:08-洞光寺に到着。お寺の手前の空き地にテントを張って
野菜等売る店がありそこの空スペースに車を止めて先ずはお寺へ。

小雨が止み4~5人の人がお寺の紅葉を見に訪れていました。
小さな山門を潜りなだらかな階段の所に来ると先に紅葉の境内が
広がっていました。

洞光寺の境内に広がる美しい紅葉の風景ですX-T10
a0216227_12040070.jpg
雨が止みしっとりしたお寺の紅葉です-C
a0216227_12074083.jpg
階段を上がると池が現れ素晴らしい雰囲気の景色となりましたX-T10
a0216227_12084852.jpg
洞光寺境内の池の紅葉X-T10
a0216227_12122685.jpg
洞光寺の秋 紅葉風景とても美しいです-C
a0216227_12163116.jpg
境内の池と紅葉風景-C
a0216227_12172208.jpg
池の紅葉-C
a0216227_12182677.jpg
池の紅葉X-T10
a0216227_12200408.jpg
振り返り見る境内の紅葉X-T10
a0216227_12213714.jpg
燃える紅葉境内のお稲荷さまX-T10
a0216227_12234118.jpg
五色に染まる紅葉X-T10
a0216227_12264760.jpg
紅葉に包まれる稲荷神社X-T10
a0216227_12284080.jpg
美しすぎる五色の園-C
a0216227_12301272.jpg
同-C
a0216227_12315417.jpg
山門と紅葉-C
a0216227_12322265.jpg
お稲荷さま-C
a0216227_12330363.jpg
お地蔵様と山門-C
a0216227_12340973.jpg
燃える紅葉と黄色の絨毯X-T10
a0216227_12351490.jpg
燃える樹々X-T10
a0216227_12370245.jpg
落葉の黄色と紅葉の木々-C
a0216227_12393056.jpg
紅葉とお稲荷さんの鳥居を入れてX-T10
a0216227_12431179.jpg
山門の風景X-T10
a0216227_13070649.jpg
池の上にてX-T10
a0216227_13075963.jpg
紅葉と池X-T10
a0216227_13092389.jpg
五色紅葉が美しいですX-T10
a0216227_13104933.jpg
庭園の紅葉X-T10
a0216227_13122304.jpg
帰り際に振り返りもう一度撮りましたX-T10
a0216227_13134667.jpg
教えて頂いたお寺はとても綺麗な紅葉を見せてくれました。
紹介下さりありがとう御座いました。

車に戻りテントの出店で黒豆を2袋買いました。
店の人とあれこれ話をしていて王地山公園の紅葉も綺麗と
教えて貰いました。(王地山稲荷)
14:45-洞光寺を後にして王地山公園へ向かいます。
15:07-王地山公園に到着、駐車場に車を入れますが
様子が分からないので側で作業する人に詳しく押して
貰いました。
ここには王地山ささやま荘があり、少し上の駐車場に
少しの間なら車を止めても良いよと言って下さいました。
公園の紅葉X-T10
a0216227_13325979.jpg
竹藪の際の紅葉-C
a0216227_13343203.jpg
車を教えて頂いた所に止めさせて頂きます。
稲荷神社の裏山で公園から裏まわりで歩きます。
このお稲荷さんは別名まけきらい稲荷と言います。
稲荷さんの紅葉ですX-T10
a0216227_13400896.jpg
竹林と紅葉X-T10
a0216227_13415247.jpg
まけきらい稲荷さま-C
a0216227_13425365.jpg
キツネさん-C
a0216227_13442859.jpg
陽光に輝く王地山稲荷さんの鳥居(まけきらい稲荷)X-T10
a0216227_13450688.jpg
鳥居のトンネル-C
a0216227_13483291.jpg
-C
a0216227_13494339.jpg
丹波篠山河原の王地山稲荷神社(まけきらい稲荷)X-T10
a0216227_13502699.jpg
戻りは下の道を歩きます、下からの風景ですX-T10
a0216227_13525695.jpg
X-T10
a0216227_13550555.jpg
-C
a0216227_13554659.jpg
-C
a0216227_13563060.jpg
最後のショット輝く朱の鳥居 トンネル(まけきらい稲荷さん)-C
a0216227_13581964.jpg
ここ王地山公園やお稲荷さまも見応えのある所でした。
(まけきらい稲荷)は勝負の神様とあります。
篠山市の掲示板
a0216227_14525614.jpg
今日朝からの陶の郷の陶器作品見学や各寺院の秋紅葉など
たっぷり楽しませて頂き丹波路とお会いした方々の親切に
感謝いたします。

16:15-舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口ICに入り帰宅方向に
走ります。途中事故渋滞でノロノロが中国道宝塚ICまで続
きます。
宝塚は普段でも渋滞になり易く私達は何時も宝塚でICを出て
尼崎経由の下道を走り中島から湾岸道に入ります。
(今回も同様です)
17:55-第2阪神国道西淀川大野店のローソンに寄ります。
18:00-湾岸線を走りますが息子の家に寄り土産を置いて
帰る事にします。
三男宅か次男宅に寄るか迷いますが湾岸沿いの次男宅に寄る
事にします。

19:00-次男宅に到着。嫁のRikoちゃんが居ました。
(孫たちは塾で顔を見る事は出来ませんでした 涙)
しばし話をして30分後に家をでます。
外環のオ-クワに寄って食べ物を買い広い駐車場で食事。
24時間営業なのでゆっくり時間を取ります。
ブログのMINEさんにコメントを打った後移動します。
23:20-オ-クワを出て家に向かいますがこの時間から戻ると
ご近所に迷惑なので何処かの道の駅でP泊することにします。
外環沿いに2カ所 道の駅がありますがパスして新しく出来た
道の駅くしがきの里へ向かいます。
岸和田から綺麗な道が続き新しいトンネル2つを潜るとすぐに
道の駅です。(車中泊の車が5~6台止まっていました。)
ここはパスしてすぐ側の京奈和のかつらぎ西の道の駅へ向かい
ます。
急に霧が立ち込めて前が見づらくなしました。
道の駅に入りしばらく居ましたが霧が濃くなり車に当てられる
可能性があるのでP泊を取りやめて九度山の道の駅に変更します。

京奈和道も霧が濃くて注意走行で九度山へ向かいました。
0:20-道の駅柿の郷くどやまに到着。ここも車中泊の車が沢山
止まっています。
やっとここ九度山でP泊となりました。
(ここだと霧が出ても当てられる心配はありません)
おやすみなさい。

# by regi-777-htc | 2017-12-03 17:00 | Comments(2)

2017.11 秋のくるま旅 (5) 鳥取県、岡山県、兵庫県、和歌山県

a0216227_22452166.jpg
2017年11月11日(土曜日)夜半は雨 晴れ 道の駅久米の里にて
6:15-起床・・・モル君散歩させてから食事にしました。


今日は何処へ行こうか相談しますが何処が良いのか分かりません。
取敢えず津山の鶴山公園に行って見る事にしました。
その先はその都度決める事にしました。
9:40-道の駅久米の里を出て津山市内へ向かいます。
鶴山公園は桜の頃に2回程訪れていますが秋は初めてです。
車を駐車場の方へと進めますが城壁の紅葉は見られません。
紅葉は終わっている感じでパスする事にしました。

次は何処へ行くか牛窓方面も良い所がありますがそこまで
下ると帰り道は山陽筋になり交通量が多くてのんびり走れ
ません。帰りは山陰筋の方が旅気分で好きです。
観光パンフレットにお寺の紅葉案内がありました。
美作、勝央方面まで降りてしまいますが取り敢えず行って
みる事にしました。
10:45-コープで買い物をしてGSにて燃料補給。
美作方面へ南下しました。
行き先は美作の黒山観音寺宝聖院です。思っていたより遠く
林道の細い道を駆け上がる峠道です。
対向車が来るとアウト・・・3台程こちらがバックして道を譲り
ました。
11:40-観音寺(もみじ寺)に到着するも側に広い綺麗な道が
ついていました(笑)(ナビが難しい道を選択した様です)
駐車場には6~7台の車は止まっていました。

紅葉はとても綺麗です。
観音寺の入り口の紅葉です-C
a0216227_23552193.jpg
観音寺本堂と境内の様子-C
a0216227_00003937.jpg
本堂の前に大きな珠数ぶら下がっていました-C
a0216227_00034028.jpg
お賽銭を入れて数珠を送ると上で球が一つずつ落ちてカチカチと
大きな音がしました。(数珠をひと回りするまで回しました)
この様な仕掛けははじめてで不思議な感じがしました。

鐘撞堂-C
a0216227_00081013.jpg
石仏と紅葉
a0216227_00110633.jpg
同石仏と美しい紅葉-C
a0216227_00131897.jpg
黒見山観音寺
a0216227_00150238.jpg
本堂に十一面観世音菩薩さまが祀られています
a0216227_00195110.jpg
本堂右奥の紅葉です
a0216227_00240068.jpg
同場所にて
a0216227_00251075.jpg
文珠洞-C
a0216227_00271063.jpg
落葉の道-C
a0216227_00282567.jpg
屋根に映える秋
a0216227_00341425.jpg
文殊洞入り口
a0216227_00354742.jpg
洞窟の奥に文殊堂がありました
a0216227_00365642.jpg
左には文殊洞の宝篋印塔が置かれています
a0216227_00385850.jpg
文殊堂内から・・・
a0216227_00405316.jpg
外の木々が美しいです(洞窟内にて)
a0216227_00441671.jpg
壁面のゴツゴツ感を出しました(明るめにしました)

a0216227_00462442.jpg
銀杏の落葉の道です 上には紅葉が

a0216227_00500058.jpg

一回りして元の位置へ戻って来ました。
初めに撮った入り口の景色です紅葉が綺麗
a0216227_00525940.jpg

車に戻り少しだけモル君散歩させてあげます。
その後同じ美作にある天石門別神社(あまのいわとわけ)へ
向かいますが見落して通り過ぎたのでしょうか場所が分らなく
なりました。
仕方ないのでそのまま走り長福寺に向かいました。
12:40-長福寺に到着。駐車場に車を止めてモル君連れてお寺を
外から眺めます。

長福寺まえにて-C
a0216227_01024440.jpg

紅葉は見られませんでした。左手前の山腹に綺麗な三重の塔が望めます
a0216227_01053934.jpg

塔の右山寄りに本堂でしょうか立派な社が見えました-C
a0216227_01080237.jpg

高さ22m鎌倉時代の建築様式を伝える三重の塔(国重文)で
十一面観世音菩薩立像 他16点の国重文を所蔵されているそう
です。
ここのお寺は当初山の上に存在していたそうです。
12:50-長福寺を後にしてR374号線で吉野川沿いに湯郷温泉
方面へ向かいます。
13:25-美作のYumeマートの駐車場で食事と仮眠をしました。
15:40-移動します。美作ICから中国自動車道に入り
16:00-作用JCTから鳥取自動車道に入り道の駅かわはらに向かい
ます。
16:43-道の駅清流茶屋かわはらに到着します。土曜日で車が多く
止まっていました。
(キャンカーも4台ほどいて関東のナンバーが見られました)
隣に止まっている軽四は大阪ナンバーで御同輩のご夫婦でした。

ライトアップの河原城が見えるので写真を撮りました。
a0216227_01584560.jpg

今日は道の駅清流茶屋かわはらにてP泊とします。
訪れたお寺は何処も綺麗でとても良かったです。

11月12日(日曜日)雨~晴、曇り 道の駅かわはらにて
5:30-起床、モル君の散歩と車の外回りを多少掃除します。

6:30-雨上がりで山に薄っすら雲が架かっています。
川向こうに見える河原城を撮りに出かけました。
朝の河原城・・・鳥が列を成して飛んでいました
a0216227_02090284.jpg

同風景-C
a0216227_02110778.jpg

右に雲海が見えます
a0216227_02164694.jpg

a0216227_02195937.jpg

a0216227_02204351.jpg

空が少し赤く見えます-C
a0216227_02212017.jpg

-C
a0216227_02230268.jpg

川沿いに上流へ移動します。
千代川と河原の山あいの里-C
a0216227_02242112.jpg
雨あがりの河原町の山里風景
a0216227_02310232.jpg
7:15-道の駅清流茶屋かわはらに戻り車中で食事にします。
その後大坂ナンバーの方としばらく話をしました。
軽四は中古のサンバーを買って手作りでキャンカー仕様に
されたそうで上手く出来上がっていました。

湯谷温泉の割引付きパンフを見せて下さり小さい温泉だけど
安くて良かったと紹介してくださいました。(感謝)
河原の山里集落-C
a0216227_02273480.jpg

作業小屋と柿の木の秋風景 弓河内地区にて
a0216227_02343870.jpg

山里の秋
a0216227_02363419.jpg

山里の秋
a0216227_02373455.jpg

北村三滝渓の紅葉
a0216227_02390409.jpg

三滝渓の秋
a0216227_02400956.jpg

もう少し山へ入るとキャンプ場があるようですが引き返します。
教えて頂いた湯谷温泉はお祭りで車が一杯で温泉はパスしました。
千代川の西側を走り河原城へ行って見ました。
新しい城で中は資料館になっていました。
元々は城があり丸山城があったそうです。
丸山城と名の付く城が鳥取に3つあったようです。
河原城-C (モル君も一緒に連れて歩きます)
a0216227_02411488.jpg

展望の良い所から千代川を入れて河原駅方面を撮りました-C
a0216227_03054650.jpg

千代川下流の鳥取市内方面です-C
a0216227_03071847.jpg

11:15-河原城を後にして県道292号線で岩美ICへ。
12:30-岩美JAで燃料補給します。(農業祭で2食分のラーメンを頂きます)
隣の道の駅きなんせ岩美もお祭りで駐車場は満車状態でした。
鳥取市内に入ってから海岸線へ出ます。
今日は朝からどんどん天候が良くなり海岸線は爽快です。
12:50-浦富海岸に着いたので景色の良い所をさがします。
少し西へ戻った所が浦富海水浴場で綺麗な浜が続いていました。
浦富海岸にて親子の二人連れさんがいました-C
a0216227_13240064.jpg

散歩の親子連れさんお母さんはニコニコでボクは元気いっぱいですX-T10
a0216227_13271842.jpg

風があり日本海らしい波が打ち寄せていました-C
a0216227_13281372.jpg

浦富海岸向島ですX-T10
a0216227_13310028.jpg

風強し海岸の風景ですX-T10
a0216227_13330977.jpg

向島-C
a0216227_13434782.jpg
荒砂神社の上から見た 向島です-C
a0216227_13461879.jpg
同島-C
a0216227_13465944.jpg
浦富海岸の荒砂神社X-T10
a0216227_13480996.jpg

荒砂神社の上から望む向島X-T10
a0216227_13505301.jpg

荒砂神社の階段を降りるモル君
a0216227_13582488.jpg

荒砂神社の階段-C
a0216227_14082271.jpg

遠き岬を入れて白波を撮りましたX-T10
a0216227_13534185.jpg

この日は日曜日で遠く関東からの車が目立ちました。
京都、大阪の車が圧倒的に多いです。
浦富海岸の駐車場も車の出入りが頻繁でした。
13:20-私達も海岸線を東に移動します。

13:50-西脇海岸の展望パーキングで車を止めて写真を
撮ります。
波砕ける絶景の海岸-C
a0216227_14115079.jpg

X-T10
a0216227_14135046.jpg

西脇海岸にてX-T10
a0216227_14151595.jpg

a0216227_15053846.jpg

撮影をしていたら若い女性が2人カメラを片手に海岸の
風景を撮りに来ました。
岡山県総社市から来られたそうで洞窟の青い海(龍神洞)
が見たくて来たそうです。
この時期は海が荒れて舟では難しいのではと話します。
舟の乗り場で確認すればと伝えます。
「最も青く綺麗に見える時期は夏頃と記憶していますが
 定かではありません」

後で龍神洞の事を調べましたが歩いて岬の突端まで行けて
覗き見る事が出来るともありました。

上にある写真の奥に写る岬の先端に位置するようです。
お二人の写真のシャッターマンをしました。

13:54-展望Pを出て東へ向かいます。
14:00-次の景勝地で車を止めると御同輩の女性5人さんが
記念撮影をされていました。
せっかくなのでここでもシャッターマンをさせて頂きました。
尋ねると八頭町から来たそうです。皆さん賑やかでした。

R178号線で兵庫県浜坂へ向かいます。
14:53-浜坂でスーパーに寄って買い物をします。
こちらに来るとよく寄るスーパーです。
15:00-道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷に到着します。
ここの道の駅今年の9月にオープンしたばかりだそうです。
店内には肉屋さんがあり、一番奥に新鮮な魚介類のコーナーが
ありました。
覗いて見ると浜坂産のタグ付きの松葉ガニが茹でて売られていました。
足が1本取れていて2等品です。(冷凍はしない)
買って車で夕食と一緒にたべましたが甘くておいしかったです。
店のコーナーでも食べられます。
肉屋さんでは但馬牛のすじが綺麗だったので2パック買いました。
我が家のカレーは牛すじを使ってだしを取ります。
帰宅後のカレーが楽しみです。
17:30-道の駅を出て18:30-道の駅ようか但馬蔵に到着します。
裏山にある とごやま温泉天女の湯で疲れを取ります。
20:00-道の駅に戻りP泊をしました。沢山の車が車中泊しています。

11月13日(月曜日)晴 道の駅ようか但馬蔵にて(明け方冷え込みました)
5:30-起床モル君散歩させます。食事をすませます。

久し振りに鉢伏高原へ行って見る事にしました。

鉢伏高原では中学校3年生の冬から毎年スキーでお世話になっていた
民宿があります。
社会人になってからも会社の先輩後輩を案内して訪れました。
S46年に東京勤務となりそれ以降はご無沙汰となりました。
名古屋勤務当時バイクで1人民宿を訪ねたことがあり、突然の訪問
でしたが大歓迎して頂きその晩はすき焼きで再会を祝ってください
ました。
シーズンオフの朝は静かで気持ちが良かったのを憶えています。
「宿のお母さんやお父さんも元気で息子さんとの当時のエピソード
など話は尽きませんでした。」

あれから更に20年以上経ちます皆さんお元気か多少心配です。
良い機会なので訪ねる事にしましたがドキドキです。
7:30-道の駅を出て鉢伏高原へ向かいます、当然ですが道はかなり
綺麗になっていました。

8:00-鉢伏高原、奈良尾のパーキングに車を止めて-Cさんとモル君を
車に残して民宿ゆりの看板の所を山へ100m程入ると家があります。
懐かしくドキドキしながら玄関の戸を開けて、お早う御座いますと
声をかけました。

奥から出てこられたのは息子さんの勝さんでした。
お互い年をとっていて顔を見ながら尼崎のTHです・・・勝さん・・・
直ぐに分かりました。
涙が出る程嬉しかったです。ご両親の事を聞くとお母さんは既に
他界されてお父さんは座敷に居られました。

懐かしく握手を交わしますが、奥さんを亡くされてからは体力や
気力が衰えたそうです。

仏壇にお参りさせて頂きました。ご夫妻様や息子の勝さんには本当に
お世話になりました。
お父さん88歳、いつまでもお元気でと別れを告げて外へでます。
勝さんが車の側まで送ってくださいました。家内挨拶・・・話。

この後大久保から鉢伏高原へ向かいます。(若き頃の一幕を振り返りました)
鉢伏高原は12月の1周目の土曜日からスキー場がオープンするそうです。

鉢伏高原にてモル君開放・・・ゲレンデの草原をウロウロ・・・遠くには行きません。
鉢伏高原ですブルーシートの下は人口雪です-C
a0216227_16562273.jpg
-C
a0216227_16590433.jpg
高丸のゲレンデが見えます。昔この山の中腹で一緒に行ったパーティーの女性が
転んでスキーの板が外れまっしぐらに下へ・・・その板を私が追いかけました。
当時を思い出しました。(女性は足首捻挫でそりに乗せ下山となりました)
a0216227_17001866.jpg
a0216227_17084224.jpg
この後ハチ北を回って別宮の棚田へ行きます。
春、田んぼに水が入る頃、水田に写る氷ノ山の写真を撮るビューポイントだそうです。
別宮の棚田です-C
a0216227_17130503.jpg
-C
a0216227_17142077.jpg
氷ノ山を望むアングルです-C
a0216227_17144973.jpg
-C
a0216227_17162174.jpg
X-T10
a0216227_17171537.jpg
棚田と氷ノ山X-T10
a0216227_17180842.jpg
側に大きなカツラの木がありました 根っこの側に清水が流れています-C
a0216227_17195120.jpg
-C
a0216227_17213806.jpg
別宮の大カツラですX-T10(大小100本の幹が叢生しています)
a0216227_17223998.jpg
道路脇に東屋があり水も頂けるようになっていました。
空いたボトルに水を頂きました。
飲んでみるととても美味しくて急遽コーヒータイムに
しました。
(コーヒーとパン、りんごとチーズを食べながら棚田の風景を楽しみました。)

山を下りる途中の風景です-C
a0216227_17234196.jpg
11:40-道の駅ようか但馬蔵に戻ります。
モル君散歩させてからレストランで食事を済ませます。
お土産を見て回りました。
13:10-道の駅を出て養父神社へ向かいます。
駐車場には誘導係の人がいて駐車スペースが狭くて先へ進みます。
道路の広い所で車を止めて私一人でロケハンしました。
神社の前を通る電車が後ろから来ました。
a0216227_17295269.jpg
a0216227_17300952.jpg
養父神社の階段下からの風景ですX-T10
a0216227_17310939.jpg
階段を上がった所の風景です-X-T10
a0216227_17313557.jpg
脇の参道で見上げる紅葉です-X-T10
a0216227_17343018.jpg
境内から参道の紅葉を見ます-X-T10
a0216227_17363162.jpg
本殿前の紅葉風景です-X-T10
a0216227_17365071.jpg
直ぐに車に戻り移動です。丸山川の側を通り
13:52-道の駅但馬のまほろばに入り休憩です。
モル君散歩させながらウロウロ後は車でモル君お留守番です。
館内の写真展を見てから14:52-移動します。
18:37-道の駅あおがきで仮眠、その後更に移動します。
18:55-道の駅丹波おばあちゃんの里に入りP泊となりました。


# by regi-777-htc | 2017-11-30 20:40 | Comments(2)

2017.11 秋のくるま旅 (4) 鳥取県、岡山県、兵庫県、和歌山県

a0216227_11551953.jpg
2017年11月9日(木曜日)晴 道の駅久米の里にて
6:30-起床・・・モル君散歩させます。手持ちの飲用水が僅かになりました。
       昔ここの道の駅で水を頂いた事があります。

食事を済ませた後、神戸から来られたハスラーに乗ったご夫妻と話をしました。
ワンちゃん連れで宿に泊まったそうです。紅葉を見に来られたそうで奥津温泉
他、紹介しました。

今日は特別な目的も無いので久しぶりにシーズンOFFの醍醐桜を訪ねる
事にしました。(多分ここも周辺が変わってしまったかもしれません)

10:00-道の駅を後にして真庭市落合方面へ向かいます。道路も綺麗になり走り
良くなっていました。途中 山腹に黄色いイチョウの木が見えました。
車を止めて写真を撮ります。
真庭市宝林寺のイチヨウです-C D610-
a0216227_12260820.jpg
運転席から撮りました X-T10
a0216227_12285625.jpg
直ぐに移動、走っていると花の寺、四季桜の表示が目に留まり
行って見る事にしました。
途中の集落で道を聞き進むと山の中へ入って行きます。
細い峠道を過ぎて少し進むと案内版があり お寺の駐車場に入り
車を止めますが満車状態です。
門前では茶店やテント張りの店もあり色んな食べ物が並んでいました。
小高い所には蕎麦屋さんがあって表のテーブルで景色を見ながら蕎麦を
食べる人が数人いました。

お寺は拝観料を取らずに開放されていました。
お寺の紅葉はとても綺麗です。四季桜の木は沢山ありましたが花の付きは
少なくて目立ちにくい状態でしたがその分もみじがとても綺麗です。
11:16-普門寺の門前の紅葉です-C D610-
a0216227_12472026.jpg
普門寺の紅葉 X-T10
a0216227_12494975.jpg
山門横奥に水子地蔵様が見えました X-T10
a0216227_12523419.jpg
境内の水子地蔵さま X-T10(このお寺は真言宗です)
a0216227_12551452.jpg
燃える紅葉 X-T10
a0216227_15475823.jpg
水子地蔵さま X-T10
a0216227_15522723.jpg
境内の紅葉 -C D610-
a0216227_15570172.jpg
同紅葉 -C-D610
a0216227_16001809.jpg
水子地蔵さま -C D610-
a0216227_16051136.jpg
境内の紅葉 -C D610
a0216227_16064956.jpg
観音さまと紅葉 -C D610
a0216227_16084360.jpg
同紅葉 -C D610
a0216227_16102611.jpg
境内の様子 X-T10
a0216227_16144676.jpg
庭園の塔と紅葉 X-T10
a0216227_16164948.jpg
お堂の紅葉と落葉、終盤の秋を感じますX-T10
a0216227_16194088.jpg
紅葉の中の観音さま X-T10
a0216227_16230798.jpg
山門の紅葉 X-T10
a0216227_16253470.jpg
普門寺の庭園、花の寺ですが庭園も綺麗です X-T10
a0216227_16284558.jpg
庭園は小さいですが清楚で美しいです X-T10
a0216227_16310026.jpg
清らかな庭園です -C D610
a0216227_16332592.jpg
-C D610
a0216227_16353321.jpg
X-T10
a0216227_16373481.jpg
X-T10
a0216227_16390030.jpg
-C D610
a0216227_16411900.jpg
野点でお茶頂きました。普門寺の住職の奥様が運んでくださいました。
真言宗のお寺なので高野山の麓から来ましたと挨拶したところ、いや
なつかしい・・・住職も私も高野に住んでいて50年前にこのお寺に来たと
話されました。
住職も奥さんも高野山高校の先生だったそうです。時折り教え子さん達が
訪ねてくれるそうです。

抹茶と和菓子を頂きますX-T10
a0216227_16533278.jpg
X-T10
a0216227_16540075.jpg
-C D610
a0216227_16544814.jpg
山門と紅葉 -C D610
a0216227_16563076.jpg
秋色の山門 X-T10
a0216227_16583153.jpg
参道の紅葉 X-T10
a0216227_16595056.jpg
紅葉と四季桜 -C D610
a0216227_17003528.jpg
参道の紅葉 -C D610
a0216227_17020354.jpg
仰ぎ見る紅葉 X-T10
a0216227_17195153.jpg
X-T10
a0216227_17213036.jpg
12:15-普門寺を後に山を下りますが来た時と違う道に出てしまったようで
山の反対側に出ました。

ドラッグストアーに寄りモル君のおやつを買いました。
道の駅醍醐の里の前を通り醍醐桜への山道に向かいます。
途中道路工事があり回り道をします。
道は整備が進み駐車場も広くなり3か所に増えていました。
到着して周囲を見て回りましたがトイレも新設されていて
訪れる人の多さが窺えました。
地元の人の話によると季節外れでも桜を見に来る人がいる
そうです。

昔撮った場所は田んぼの畦でしたが今は雑草が生えて入れ
ません。又電線が頭上にあり邪魔をしていました。
写真は手前の低い位置からしか撮れないようです。

葉を落とした醍醐桜 X-T10
a0216227_17222460.jpg
-C D610
a0216227_17231001.jpg
2007年4月に撮った写真です
a0216227_17245446.jpg
山と木の位置がほぼ同じですが今はこの位置からは撮れませんでした。

奥の右側からのアングルは健在でしたが周りの木が伸びていました。
-C D610
a0216227_17325342.jpg
X-T10
a0216227_17341297.jpg
(すぐ横の2代目の醍醐桜があり大きくなっていました)
醍醐桜の下に広がる集落の様子です X-T10
a0216227_00221056.jpg
13:50-醍醐桜のロケハンを終えて道の駅醍醐の里のレストランで
食事をします。

その後GSに寄り近くの宇甘渓に寄りました。
宇甘渓の紅葉は今が盛りでしたが見て歩きには良いですが写真は
撮りづらく感じました。

15:49-宇甘渓赤く染まるもみじ X-T10
a0216227_00243769.jpg
X-T10
a0216227_00254850.jpg
X-T10
a0216227_00271895.jpg
X-T10
a0216227_00284068.jpg
-C D610
a0216227_00293739.jpg
-C D610
a0216227_00303051.jpg
宇甘渓の川と紅葉 X-T10
a0216227_00315238.jpg
写真を撮り終えて車に戻りモル君を散歩に連れて行きます。
駐車場脇で天然酵母で作ったと云う移動販売のパン屋さん
がいて・・・ワンちゃんにパンやってもいいですかとおじさん
が声をかけて来ました。
いいけど多分食べないよと伝えました。おじさん、いや うちの
パンはどこの犬も喜んで食べますと言いながらモル君の口へパン
を持ってゆきました。クンクンと匂いを嗅いでそっぽを向きます。
何度も口の側へパンを持って行きますが全く食べようとはしません
でした。
パン屋のおじさん不思議やな~こんな事初めてですわ…と。
気の毒で仕方なく、レーズン練り込みのワンローフとあんパン他買う事に
なりました。
パンはおいしかったですが、よく考えるとパン屋さんの販売手法だった
かも・・・。

16:25-宇甘渓柳橋展望広場を出て備中国分寺に向かいます。
国分寺の夕景を撮りたくて少し急ぎます。途中で陽が沈み行く状態でした。
車を止めずに走行中に写真を撮りました。
吉備路 沈み行く太陽の風景 X-T10
a0216227_00591444.jpg
日没迫る吉備路の風景 X-T10
a0216227_01031251.jpg
17:00-備中国分寺の駐車場に到着すると陽は落ちていました。
急ぎカメラを持って国分寺の日没風景を追いかけます。
残照は染まら無く平凡な夕暮れとなりました。
-Cさんがやって来ます X-T10
a0216227_01192211.jpg
国分寺の夕景X-T10
a0216227_01215586.jpg
同-C D610
a0216227_01232672.jpg
-C D610
a0216227_01242877.jpg
17:10-正面参道にむかいます。草原に幼児を座らせて
写真を撮るお母さんが居ました。
お母さんの斜め後ろで幼児がこちらを向くのを-Cさん
と2人であやしてスタッフ役をします。
同じ駐車場でしたので歩きながら-Cさんが若いお母さん
と話をしていました。

近くの見どころを教えて下さいました。井山宝福寺(紅葉)
豪渓(川と紅葉)どちらも比較的近場です。

お礼を伝え私達は国分寺の西側にあるサンロード吉備路の
温泉に入ります。
18:00~19:00-温泉で汗を流しさっぱりしました。
(近くのローソンで買い物をして国分寺裏の駐車場へ
行き食事を済ませてP泊となりました。)

【6年前、四国からの帰り道、3月11日の朝からここ国分寺で
 写真を撮りました。昼に同温泉で汗を流しました。
 東北の3.11大震災の日です。
 温泉から出て来ると広間のテレビの前が人の山、何があったか
 と思いテレビを見て驚きました。あの惨劇津波の映像が流れて
 いました。どこの事か分からず側の人に聞くと三陸の津波だと
 の事。体が震えるのが分かる程 驚きました。
 前の年の秋(11月)北海道の帰りに東北をくまなく訪ねました。
 その時にお会いした方々のお顔とそのシーンがよみがえりました。】


明日は早朝から国分寺の五重の塔を入れた写真を撮ろうと思っています。
(ここは県の管理で電柱電線が無くて気持ちの良い風景が見られます)

11月10日(金曜日)晴 備中国分寺裏駐車場にて
4:30-起床・・・身支度を済ませて表の駐車場へ移動します。その後
5:50-いつも撮影でスタンバイする所に行くと車が止められるように
なっていて驚きました。
既にお一人のカメラマンさんが来ておられました。
(11年間毎日ここへきているそうです)
その後も3人の仲間の常連さんが来られました。

太陽の昇る方向が分かりませんでしたが塔から右へ大きく離れた
所から昇るようです。
秋には来たことがありませんでした。
5:59-国分寺の朝 -C D610
a0216227_10151075.jpg
6:00-D810にて
a0216227_10175616.jpg
6:09-C D610
a0216227_10193905.jpg
6:48-D810にて
a0216227_10205050.jpg
6:23-Ⅹ-T10にて
a0216227_10231279.jpg
6:50-C D610
a0216227_10245093.jpg
6:57-ジョギング D810にて
a0216227_10255504.jpg
6:57-同ジョギング -C D610
a0216227_10281052.jpg
6:59-犬の散歩 D810にて
a0216227_10305449.jpg
7:07-D810にて
a0216227_10325423.jpg
7:12-傘をさして歩く人 -C D610
a0216227_10345215.jpg
話しかけて頂いた近くにお住いの前田様は色んな話を聞かせて下さいました。
常連の皆様は早くに帰られました。帰り際に11年毎日来られている方からも
名刺を頂きました。

私達は表の駐車場へ戻りモル君の散歩と車中で食事にします。
7:40-備中国分寺-C D610
a0216227_12323891.jpg
7:45-南側からの国分寺 X-T10
a0216227_12390542.jpg
同国分寺 X-T10
a0216227_12400592.jpg
9:45-国分寺の駐車場を出て昨日教えて頂いた井山 宝福寺へ向かいました。
10:05-宝福寺に着くと駐車場はほぼ満車状態でいちばん奥の伯備線近くへ
車を止めました。
カメラを持ったご婦人が一人居て何かを待って居られます。話しかけると
伯備線の電車を撮っているそうです。
(もう直ぐ来ますよとの事でこんな所でと思いながら私も撮って見ました)
10:10-伯備線黄色の普通電車でした Ⅹ-T10
a0216227_12440383.jpg
10:18-特急やくも X-T10
a0216227_12454098.jpg
-Cさんは接近し過ぎたたそうです。
カメラのご婦人がここのお寺は雪舟に縁があるお寺ですと
教えて下さいました。挨拶をしてからお寺へ向かいました。

山門前の風景 -C D610
a0216227_12535073.jpg
山門前のお地蔵様 X-T10
a0216227_13015666.jpg
山門から境内望む X-T10
a0216227_13032766.jpg
井山 宝福寺本堂と大きな木そして色づく木々は見ごたえがあります X-T10
a0216227_13051773.jpg
本堂近くや池の周り、そして奥に鎮座する三重の塔の
付近はカメラマンさんが多いです。

風情ある本堂の窓と紅葉を撮りました -C D610
a0216227_13145679.jpg
雪舟が小坊主の頃修行をせずに絵ばかり描いていたので住職が
雪舟を柱に縛り付けたところ雪舟は涙と足でネズミの絵を描いた
そうでそれを見た住職はその絵の見事さに感服。雪舟を絵の道に
進ませたと云う言い伝えがあるそうです。

本堂にあった絵です X-T10
a0216227_13181664.jpg
本堂裏の庭園 苔が輝き紅葉が綺麗です X-T10
a0216227_13263346.jpg
宝福寺の裏山にある池です X-T10
a0216227_13290699.jpg
宝福寺裏山から垣間見る紅葉がとっても綺麗でした X-T10
a0216227_13310879.jpg
同-C D610
a0216227_13334206.jpg
赤く染まるもみじ X-T10
a0216227_13350472.jpg
紅葉と三重の塔(宝福寺)-X-T10
a0216227_13375515.jpg
紅葉と三重の塔 X-T10
a0216227_13400540.jpg
-C D610
a0216227_13430539.jpg
池越しに見る本堂 -C D610
a0216227_13454192.jpg
11:05宝福寺の駐車場に戻ります。
モル君散歩させてあげます。(線路沿いの道を歩きます)
車に戻りお茶を飲んだりパンを食べたりして休憩中に
前に止めていた車のご夫婦が話しかけてこられました。
世間話に花が咲き、次何処へ行かれるのか尋ねると豪渓の
紅葉を見に行くとの事でした。
私達も行く予定でいたのでご夫婦の車の後について豪渓
へ行かさせて頂く事にしました。
12:14~約1時間一緒に豪渓を見て回りました。
流れる川と紅葉を撮って見ました X-T10
a0216227_14022539.jpg
豪渓の川を挟んで見られる岩山が続きます。
紅葉と岩山 X-T10
a0216227_14120489.jpg
微妙なバランスの岩-C D610
a0216227_14165249.jpg
仰ぎ見る紅葉黄色はイチョウの葉です X-T10
a0216227_14184870.jpg
豪渓の中間点に休息出来る所があって甘酒を売っています。
小休憩でその甘酒を飲むことにします。
(美味しい様です小生はパス)
その後少し先まで歩いて戻りました。

川面の紅葉映り込みが綺麗で撮りました X-T10
a0216227_14272793.jpg
12:46-同じく映り込みの紅葉を撮ります -C D610
a0216227_14290583.jpg
豪渓 谷間の紅葉 -C D610
a0216227_14312556.jpg
そびえ立つ奇岩と紅葉 X-T10
a0216227_14340103.jpg
X-T10
a0216227_14352523.jpg
豪渓の谷 X-T10
a0216227_14362921.jpg
逆光が入り見づらいですが紅葉を撮りたくて X-T10
a0216227_14375123.jpg
反対側の山肌岩が露出して絵になります -C D610
a0216227_14400212.jpg
再度映り込みを撮りました -C D610
a0216227_14434040.jpg
七色に輝く天井の紅葉 X-T10
a0216227_14452304.jpg
同紅葉 X-T10
a0216227_14475094.jpg
同-C D610
a0216227_14485334.jpg
豪渓半逆光に輝く紅葉 X-T10
a0216227_14584290.jpg
同紅葉-C D610
a0216227_15003232.jpg
駐車場に戻り案内下さったご夫婦にお礼を伝えお別れです。
私達は備中高橋へロケハンに向かいます。
目的は松山城に行く為のルートと遠望の松山城を望む場所
探しです。
14:10-観光駐車場に車を入れて案内所でお城に関するパン
フレットを頂いたあと駐車場隣接の蕎麦屋さんで十割蕎麦と
二八蕎麦を野菜の天ぷらを付けて頂きます。美味しい蕎麦で
-Cさん大満足でした。

店を出ると蕎麦屋の御主人が一緒に表に出て詳しく松山城の
事や遠望の道順を教えて下さいました。
(ありがとう御座いました)
今回は展望地から城を見る事にします。
15:20-目的の場所に到着。駐車スペースは5台位しか置けません。
車が殆ど来ないので道路端には十分置けそうです。
モル君を散歩させてから
カメラを望遠レンズに替えて展望台へ向かいました。
展望台では櫓が組まれていて階段を上り撮影をします。
午後の夕方近くで視界が靄っておまけに逆光なので殆ど肉眼では
お城がどれか分かりませんでした。
D810-望遠で撮りました
a0216227_15274351.jpg
D810-トリミングしています
a0216227_15300051.jpg
-C D610-望遠で撮影 トリミング
a0216227_15313286.jpg
16:10-山を下りて楢井ダム~道の駅かようへ
17:00-道の駅かようのコンビニポプラで買い物をします。
19:00-道の駅かもがわ円城で車中食事とモル君の散歩をします。
20:10-道の駅かもがわ円城を出て津山市久米の道の駅に向かいます。
20:45-道の駅久米の里に到着今日はここでP泊とします。

今日は盛りだくさんな撮影ポイントを回り楽しく過ごせました。
旅の出逢いの中で皆さん親切に接して下さつて感謝申し上げます。
ありがとう御座いました。

# by regi-777-htc | 2017-11-26 12:59 | Comments(2)